SAT隊員殉職招いた無防備…籠城29時間のエピローグ

文教地区を震撼させた愛知の拳銃男ろう城事件は、2日目の夜、急転直下で終結。犯人が生き残る一方で若い命が失われた。包囲・救出作戦で重大ミスを招いた原因は何か。
画像

SAT突入作戦はキャンセルされた。

事件発生から約29時間が経過した午後8時50分前、立て篭り犯・大林久人容疑者は説得に応じて投降し、路上で拘束された。報道カメラが見詰める中での終幕だった。

事件発生初日、犯人の凶弾に倒れたSAT隊員・林一歩警部(殉職で2階級特進)の冥福をお祈り申し上げる。

若いSAT隊員の殉職に続き、新たな犠牲者が出なかったのは幸いだ。しかし愛知県警上層部の大失態が、犯人投降で掻き消されることはない。今後も専門家による痛烈な批判が続くと同時に、県警お歴々の責任が追及されることになるだろう。
▽投降した大林容疑者(日経新聞)
画像

既に一般市民からも非難されているが、最初の失態は事件発生直後に狙撃された警察官を5時間も放置していたことだ。上空を旋回する報道各社ヘリが、負傷した木本巡査部長の姿を捕らえた映像には、無策を非難する声が多く寄せられた。

警察官の人権を軽視する異常な事態だ。

木本巡査部長は一命を取り留めたものの脊髄を損傷し、後遺症が懸念される。人質がいたとは言え、突入のタイミングは被害確認の直後であったはずだ。
▽写真:毎日新聞
画像

籠城事件では投降説得と強硬突入の2面作戦が行なわれることは無論だが、優先されたのは、あくまでも説得だったようだ。捜査幹部は、こう明かしている。

「次第に相手の人間性が見えてきた。自分で出てくるのを待つか、突入か、複数の方程式を同時に検討している」

犯人投降の直前も、捜査員は電話で大林容疑者の説得を呼びかけていたという。それに応じる形で犯人は丸腰投降したが、ネゴシエーションの成果といより、30時間に近い耐久戦の結果ではないのか。

【粘り強い説得が最善だったのか…】

今回の捜査陣の対応をめぐる議論のポイントは、急襲すべきか否かだ。識者の間では事件発生当初から「早期突入論」が沸き起こっていた。ジャーナリストの大谷昭宏氏などは、こう指摘する。

「警察は立て篭った男に応射すべきだ。完全に失敗だ」

事実としては、今回の睨み合いで犯人側が数発を発射する中、警察側は一発の弾も放っていない。威嚇射撃もなし…籠城犯へのプレッシャーを極端に避ける“教科書通り”の説得工作だ。
▽写真:産経新聞
画像

実際に銃器犯罪の多い米国でも、人質籠城事件ではネゴシエーターをフロントに、まず説得が試みられ、突入は最終的な手段とされるようだ。派手に突っ込むのはハリウッド映画の世界だろう。

ただし、今回の長久手籠城事件では、既に警察官が狙撃され、一刻も早い救助活動が必要とされていた。数ある選択肢の中でも、強硬策はプライオリティーが高かったように思える。

人質がいる中での突入作戦は、常に計算外の事態が起こり、非常な危険を伴う。急襲部隊の側にも被害が出る可能性は高い。それでも早期にアクションを起こす必要性があったろう。

SATは様々なケースで臨機応変に対応すべく、日頃から想定訓練に励んでいるはずだ。当然、銃器を持った犯人が人質を取っている状況も演習に含まれる。

実際に、現場では突入作戦がセットされていたのか?周辺の状況を改めて見ると、そうは思えない節がある。

【穴だらけだった現場の包囲網】

事件発生から間もなく丸1日が経とうとしてた18日の午後2時過ぎ、楯を持った機動隊員の元に靴を履いていない女性が突然、現れた。人質となっていた元妻だ。

トイレの小窓から自力で脱出したことが分かっている。保護されたのは、玄関に続く私道がある通りとは別の路上だ。自宅裏手の木立を抜けて、一気に駆け抜けたと報じられている。
▽手前の家屋が籠城現場(毎日新聞)
画像

ショッキングな事実だ。籠城が一昼夜に及ぶ中、捜査員は自宅を完全包囲していたのではなかった。本来なら対象(犯人・人質)への距離を詰め、密かに接近。内部の音を感知する作業が行われるはずだ。

しかし、捜査員は遠巻きに配置されいた。もちろんSATも自宅裏手には居なかった…

SATはどこに配置されていたのか?

一部メディアが隣接するアパート屋上に配置された狙撃手の写真を公開し、批判を受けていた。スナイパーはSATの隊員、狙撃班だろう。だが、狙撃の準備を整えていたとは考えられない。
▽現場近くのアパート屋上
画像

写真を見ると、後ろに控える捜査員の頭が、銃口よりも高い位置にある。また別の写真ではスナイパー・ライフルが平衡よりも上向きにセットされている。対象がいるのは地上1階だ。
▽写真:時事通信
画像

恐らく、まだ準備段階でスコープは自宅窓に照準を定めていない。最終的に狙撃の許可は受けていなかったように考えられる。それは今回の事件で最悪の悲劇を生み出した。

【写真に写り込んだ謎の特殊部隊】

SAT隊員殉死の悲劇は、重傷を負って倒れたままの木本巡査部長レスキュー作戦の際に起きた。事件発生から約5時間後、周囲は既に暗くなっていた。

玄関脇の私道に倒れていた巡査部長の救出に向かったのは、SATではなかった。一部メディアはSIT(特殊捜査班)と解説していたが、SITは警視庁の所属部隊だ。現場に出動したのは恐らく違う。

AP通信が現場周辺の捜査陣を撮影したショットの中に、MAATの部隊員が偶然、写り込んでいた。
▽左側にMAAT隊員(AP)
画像

MAAT(Martial Arts Attack Team=通称・マート)は、大阪府警版のSITとして知られる部隊だ。SITと同様、刑事部捜査一課に属し、人質籠城事件・誘拐事件で投入される。

一部報道では「大阪府警の特殊車両が犯人宅に近づく動きがあった」と伝えているが、なぜ、この現場に姿を見せたのか、不明だ。ロイターも「MAAT」とキャプションに記しているだけだった。
▽建物上層に向かうMAAT隊員(ロイター)
画像

危険な救出作戦では、特殊捜査班が巡査部長に接近し、道路まで搬送する作業に従事。SATはその後方で援護する役割を担った。

東海テレビの中継カメラが瞬間を捉えていたが、凶弾を受けたSATの林警部は盾を持たず、後段で銃を構えていた。

【余りにも薄過ぎた“防護壁”】

犯人が撃った2発のうち最悪なことに1発が左鎖骨に命中したという。防弾チョッキがカバーしていない僅かな部分と見られる。10mの至近距離だが、素人が狙える的ではない。余りにも悲劇的な事態だ。

しかし、問題は防弾チョッキや配置形態ではない。SATが詰めていたのは、防護用に停車した車の隙間だった。
▽写真:毎日新聞
画像

上空からの写真で分かるように盾として停車してあったのは、通常の自家用車。覆面パトカーに使用している車だろう。防弾ガラスは装備されていないと考えられる。防護壁として活用するのは無理だ。

救出の時点で犯人が所持している銃器のタイプは判明していた。恐らくトカレフだ。通常弾でも充分な威力がある。しかも対象との距離は10mしかない。
▽狙撃直後の現場(読売新聞)
画像

SATには専用の防弾装甲車がある。「銃器対策警備車」と呼ばれる突入用の大型車両で、側面には銃眼も設けられているという。なぜ警察官が狙撃されているにも関わらず、万全の態勢を取らなかったのか、悔やまれる。

SATを危険に晒したのはいったい誰なのか?

【指揮・命令系統は完璧だったか】

事件が解決した5月18日の午後11時から愛知県警愛知署で、会見が行われた。今回の事件では、発生中に現状説明など捜査本部の会見は一度も行なわれず、誰が指揮しているかもハッキリしなかった。

責任者が誰で、どのような指揮・命令系統があったのか謎だ。識者の解説では、少なくとも3つの“本部”が存在していたという。
▽現場に並ぶ警察車両(産経新聞)
画像

まず現場では、最前線の捜査員に指令を与える警視クラスが指揮。更に、やや離れた所に現地捜査本部が設置されるという。一部報道によれば、刑事本部長以下170人の態勢。

そして愛知県警には本部長率いる50人規模の対策本部があった。これで3段式で命令が下達される。更に、報道が過熱する中、本部長にも中央から指示が出ていた可能性もあるだろう。

4段積みである。現場の状況は的確に上に伝わっていたのか…また上層部は現場の全体像を把握していたのか?
▽最前線に詰める捜査員(毎日新聞)
画像

悪しき官僚主義が支配していたように思えてならない。皮肉を言えば、上層部にとって人質の救出失敗は取り返しのつかない経歴上の傷になる。だが、捜査員1人の殉職は出世の妨げにならない。

軽々に推測できないが、官僚的な事なかれ主義がエリート隊員を死地に赴かせたように感じられる。ヤクザ崩れの痴話喧嘩を発端に、部下2人が死傷した責任を誰が取るのか、県警の今後の対応に注目だ。

かつては警察官の発砲に必ず因縁を付ける野党と左傾メディアが偉そうな顔をしていたが、現代は様相が異なる。銃器犯罪への甘い対応は、逆の効果しか生み出さない。

【応戦不可が新たな銃犯罪を呼ぶ】

籠城事件が続く最中、内閣府では銃器対策に関するプロジェクトチームの初会合が開かれた。
▽初会合での高市担当相(ANN)
画像

銃刀法の罰則強化や水際対策、また銃器情報への報奨金制度などが検討されたという。一説では国内に10万丁の銃があると言われる。銃器狩りは大きなテーマだが、焦眉の問題は、銃を振り回す者をいかに抑えるかだ。

昭和45年に起きた瀬戸内シージャック事件では、人権派弁護士によって狙撃手が殺人罪で告訴される異常事態が起きた。最高裁まで争われ、結局、罪は問われなかったが、大きなしこりを残した。

その結果、銃を振りかざす犯罪者は、警察が例外的にしか撃て来ないと知ってしまったようだ。愛知のケースでも、犯人は包囲網を嘲笑っていたかに見える。
▽投降後、拘束された大林容疑者(ANN)
画像

撃たなかったことが、犯罪予備軍への誤ったメッセージの発信となり、新たな銃犯罪を生み出す可能性もあるのだ。しかも銃器犯罪者の殆どが暴力団員である。

警察力が最後の砦にならなければ、誰が市民社会を守るのか…銃を隠し持つ者とは即ち、力に価値観を見出す連中だ。道理が通じる相手ではない。

武器を無効化するのは、対話=言葉ではなく、武器だ。


     〆
最後まで読んで頂き有り難うございます♪
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発 となります

banner1

この記事へのコメント

らんだあ
2007年05月19日 08:35
“無防備”や“罪を憎んで人を憎まず”といった考えが、当たり前のように銃を持っている暴力団には全く通用しないどころか、自分達の気に入らない人間は殺して当然と思っているようですね。
確か、朝鮮人率も高かったと思いますし、ロシアのレッド系のことも考えると外国人の受け入れは抑止して行かなければならない気がしますね。

我が国全体のマフィア対策としても。

銃器所持に上記の罰則なんて、甘すぎでしょう。犯罪者は我先に持つようになりますよ。
少なくとも我が国は銃器所持を認めているわけではないのですから。
銃の不法所持は即射殺や必ず死刑でいいと思いますね。
ジェラード
2007年05月19日 08:39
こういうまともな記事も書くんですね。犯人は…人とか続くのかと思ってましたが、安心しました。若い命が惜しまれます。合掌。
名無しの経営者
2007年05月19日 09:03
まるで作戦を失敗した軍隊である。兵も武器も完璧に優位な状況にあるにもかかわらず、作戦内容不明、指揮系統混乱。負傷兵の救出さえ不十分だ。

このような状況では、兵の士気が上がるはずがない。何よりも、敵に侮られる。戦果は無に等しい。

まず指揮官に、警察官の生命が犯罪者の生命より尊いという、常識が作動していない。ここにも日本マスゴミが作り上げた非常識空間が存在する。

警察官の死傷者を出した原因が、このような思想上のゆがみであるとしたら、一体日本マスゴミは、犯罪者を許すようなこれまでの主張をどう国民に弁明するのか。

愛知県警のバカ思想が、ヤクザ崩れの痴話喧嘩で、国民の貴重な警察官2人を死傷させたとしたら、これほど悔しいことはない。

もし警察官の殉職が、幹部の責任問題にならないような警察機構であるとすれば、このような機構で働く職員の、やる気は無くなる。これは国民の、生命財産が脅かされることに他ならない。

銃所持の犯罪者は射殺する、そんな警察を、小生は支持する。「武器を無効化するのは、対話=言葉ではなく、武器だ」からだ。
古田
2007年05月19日 09:05
普段からの危機管理、上層部の思考力の無さと勇気の無さ、警察官の命と犯人の命を天秤に掛ける愚かな上司・指揮官それを束ねる組織の長。責任を自分で取ろうとしない、しかも事件の最中に二階級特進なんて情報を流す神経が判らない。
愛知県民
2007年05月19日 09:10
警察の基本的失敗。基本的なことが何も出来ておらず、おまけに事を無難にやり過ごそうという上層部の姿勢がこのような最悪の結果をもたらしたものと思います。
若く最も優秀なSAT隊員の命が奪われたことが残念でなりません。ご冥福を祈ります。
お笑いお花畑
2007年05月19日 09:17
>こういうまともな記事も書くんですね

ジェラードさんよ、
君の『まともじゃないコメント』には、みんなウンザリしてるんだ!
もう書き込まないでくれる?(笑)
幽谷の名無し
2007年05月19日 09:24
無論、県警幹部の責任は最早免れないであろう! 今後はこの被疑者に対して、極刑を以って臨む事を司法関係者及び法務大臣に要請したい! (こういう事件の裁判に限って人権派弁護士が跳梁跋扈し、司法の無力化を図ろうとしている!)
とおる
2007年05月19日 09:26
警察の指揮・命令・組織・管理に不適格な状態があったように思えます。
結局、今回の事件は、警察は犯人を包囲して手を揚げて出てくるまで待ったに過ぎません。
こんな警察なら拳銃や特殊装備も不要でしょう。
その分、資金・人材を自衛隊に振り向けて、国内の銃火器を使用した犯罪の鎮圧・治安回復を自衛隊に任せて、市街戦の訓練を兼ねた方が有意義と思います。
(本当ならば、警察が鎮圧出来るようにすべきですが)
ベンジャミン
2007年05月19日 10:06
警察官が固まりすぎなのがどうも気にかかります。誤射、兆弾の危険性がもう少し散開すべきでは。
Y
2007年05月19日 10:29
ジェラードさんはきっと、凶悪犯罪が起こったら犯人はまた在日かも って心配がいつも脊髄反射で起こるのでしょう。
普通の日本人は、常日頃から始終そんな事を考えてる訳じゃないので、う~ん、最初ジェラードさんのコメントの意味が分かりにくかったですけど。
ケン
2007年05月19日 10:30
愛知の立てこもり事件のNHK報道振りをみてあらためて気味の悪さに吐き気を模様した。
10時からラジオ第一のNHKジャーナル
近所の人の安堵の声の紹介
「自分の生活が正常になるのでよかった」などの自分のことばかりの声を垂れ流し、殉職警官
については県警発表のコメントをそのまま棒読み。
「警察が自制的に対応してよかった」という奴の話まで流していたのには驚愕。
警官は仕事だから死んであたりまえのような扱いだ。
殉職警官に対する哀悼のかけらが全く見られなかったな。
こいつら犯人の命や人権が大切で、真っ当な日本人が死ぬことをなんとも思ってないよ。
つとむ
2007年05月19日 10:34
マスゴミによる、リアルタイムでの報道、狙撃手の位置情報など、犯人に格好の情報を与えてしまっているのではないか、警察の不手際も重大だが、マスゴミの報道も同等の責任があるように思います。
ST
2007年05月19日 10:35
ウィキペディアで調べてみると犯人射殺で解決した事件は'70瀬戸内シージャック事件、'77長崎バスジャック事件、'79三菱銀行人質事件の三件のみ、無論、むやみに射殺すれば良いと言うものではなく、また人質の安全は第一に考えて行動しなければならないが異常に少ないと思う。
 この三件のうち瀬戸内シージャック事件では狙撃した警察官が自由人権協会の弁護士により殺人罪で起訴される(結果は不起訴処分)という考えられない事態が生じている。
 「名無しの経営者」さんが仰るようにマスゴミは非常識空間を作った一因ではあるが、このような自称人権派の弁護士や政治家の非常識な意見がその背後にあると言えると思う、現に社民党の有名議員は「犯人に逃げられても、警官が死亡しても犯人の人権は守られるべき」と言う意味合いの発言をしている。
 部下の生命よりもマスゴミのバッシングを恐れる警察上層部も情けないが、この事件について各新聞は意見調査をする気は無いだろうか?ミスリードを試みる社もあるだろうが、それはそれでその社の異常性を際立たせる結果になると思うのだが。
ころ
2007年05月19日 11:27
法務大臣が死刑のはんこが押せないのと一緒で、決断力のあるトップがいなかったことが今回の悲劇に繋がったと思います それに訓練の仕方にも問題があったのではないかと思いました。
J.J.
2007年05月19日 11:55
この事件を通じて特ア三馬か国家に日本くみしやすしのシグナルを与えたことと思います。日本有事、特に対朝鮮の場合、在日勢力が蜂起するのは確実です。その際どのように国民を警察が守るのか。ヤクザの構成員の多くは在日です。当然今回のように銃を所持しています。今回の無様な愛知県警の対応をもう反省し、体制を整え直して欲しいです。
愛知県警幹部は責任を取れ!
みみ
2007年05月19日 12:08
説得?ってあああた
 シャブ中でしょ?29時間不眠不休でハイテンションだったってことでもわかる
 そんなやからに何をいっても、、、
 
  打たれた警官に向かって銃を構えた瞬間に
狙撃手が射殺、が必然だったと思います
なぜそうしなかったのか。。。。。。
 殉職された警官のご冥福をいのります
  県警幹部は万死に値する
てっぷQ
2007年05月19日 12:18
指揮系統が明確になっていなかったというのが事実なら、これは大問題だ。ひとりの若い警官の命を奪ったのは犯人の銃弾だけではなく、無責任かつ無能な上層部も共犯だと言って過言ではないんじゃないのか。こんな警察で、この先本当に治安が守れるのだろうか。
火天大有
2007年05月19日 12:36
皆様の御意見、しごく最もだが、現在の我が国の体制は憂国者や愛国者、決断を躊躇しない者正論を吐く人間が上層部に上がれない、否まともな経済生活さえ成り立たない様に成っている。理由は別項にコメントしたので割愛する。
犠牲に成るのは善良な国民と兵、下士官だクーデター、クーデター
774
2007年05月19日 13:52
これじゃ、日本は益々外国人犯罪者にも舐められますね。
雑夫
2007年05月19日 15:10
色々な方向から腐臭が漂う事件です。
このクズは刑務所の中で、日本の昏い部分を見ればいいんだ(でも、心神喪失でいつものパターンなのかな)

特に上層部の太平楽な責任の押し付け合いが醜悪に映ります。経歴に汚点がつくのを恐れて発砲許可を迷った挙句、捜査員が殉職してしまった。(また、他のブログで語られている防弾ベストの欠陥も気になるところ)

無論、命令を躊躇わせたのは「人権派やら反体制メディアに好餌を与えることになるのでは?」というもっともな懸念でしょう。でも、人権派はともかく、ゴミどもはいずれにしても騒ぎ立ててますよ?おまけにゴミどもは、警察側の包囲状況まで伝えてます。今回は個人の犯罪だったから、まだ抑え切れましたが、これが組織的だった場合、有益な情報を相手側に渡していることは間違いないでしょう。むしろ、
ゴミにこそ、自制と状況判断力を求めたいですね。
雑夫
2007年05月19日 15:11
>ジェラートさん
よかったですねえ^^
ですが、今回の事件はジェラートさんがお好きな中国・朝鮮の韓問題にも通じるところがありますよ?
「基地外に対する安易な同情や妥協は、同胞の命を奪う行為でしかない」もっと詰めれば「利敵行為」に他ならないと思います。
ごんべえ
2007年05月19日 15:16
殉職された林一歩警部のご冥福をお祈りする。
それにしても、警察が一発も撃たなかったことは、悪しきメッセージを残してしまった。
日本社会の隅々にまで「事なかれ主義」が蔓延してしまったことを憂える。
不法滞在の特亜3国人は7万人、合法的滞在者も含めると総計127万人にのぼるという。対して警察は29万人。彼らがコトを起こした際には、警官一人で4.4人を相手にしなければならない。今回、ヤクザ一人に何人の警察官が張り付いたか知らないが、彼らがコトを起こせば日本は簡単に乗っ取られてしまう。
銃取り締まり対策を云々することを不要だとは言わないが、問題の本質を見誤った対策しか講じないのでは、殉職された林警部も浮かばれない。
江戸前
2007年05月19日 17:35
すっかり平和ボケの日本。シャブ中やくざ一匹狙撃することもできず優秀な警官が絶命。薬中相手に【説得】だの【ねばり強い交渉】だのやっぱり上層部は狂って升。憲法改正が嫌いなマスコミ陣同様、警察官が防弾チョッキではなく「憲法九条」と書いたシャツでもきていれば銃撃されることはないと思っている連中ばかりなんだろうな。ボケたやつらばかり。危機意識の低さに愕然とする。
「24」とかでこういうシチュエーションだと ①建物の設計図面を入手・電気水道ガスを全部止める
②人工衛星からの熱感知スキャンで犯人と人質の位置を特定
③壁・天井からドリルで穴をあけてグラスファイバーカメラで中の様子を確認・突入の機会をうかがう
①はできただろうなぁ。しかし現実は、ご丁寧に生中継でずっと警察の動きをお知らせしてさしあげてヘリで警官の失態を何時間も晒し続けて、とても優秀な若い警官を殺されてしまうなんて・・・本当に情けない事件ですわ。
>大阪府警
フジの夕方のニュースか何かで、各都道府県のうちSATがあるところを紹介し、大阪と合同で捜査しているというようなことを確か言っていました。
神谷晃良
2007年05月19日 19:45
正直言って私、こう言う事件ネタ得意でないです。本心を言えば、余り関心が無い。だからテレビのニュースも殆ど見ていないです。愛知県長久手町の隣接した地域に、極めて近しい身内が住んで居るのですけれども。一番憤るのは、私はマスコミに対してですね。『報道の自由の権利』と言う権利を嵩に着た、営利企業集団。撃たれて動けなくなって横たわったままの警察官を、ヘリコプターで上空から撮影し続ける
。周辺地域の身動き取れなくなった善良な一般市民の迷惑関係無しです。夥しい取材陣の数。現場周辺の取材陣は小便のし放題。皆、スポンサーが付いた協賛報道ニュースです。全く関係の無い真っ当な日本人市民生活蹂躙は全くの無視。マスコミは犯人の人権を高らかに掲げ、自身はスポンサー協賛で、広告料を取りながら報道番組として、如何にも社会正義を語るかの如く、利益活動に勤しむ。何かおかしくありませんか?真面目に黙々と生きる、ごく普通の大多数の日本人の人権を、先ず第一義に考える憲法に変えませんか?
神谷晃良
2007年05月19日 20:15
続きます。最初の警察官が撃たれて動けなくなったのは、仕方が無いです。不可抗力です。しかしその直後、犯人は、サクッと射殺でしょ?五時間も横たわったままの巡査部長の人権は?それぞれ予定があったであろう、身動き取れなくなった周辺地域住民の人権は?それが最優先では無いですか?ヘリコプターで上空から警官隊や狙撃班他の動向を逐一報道した、メディアの人権蹂躙振りは、徹底的に糾弾されるべきです。どなたかが仰っていましたが、国際社会に当て嵌めても全く同じ事が言い得ます。核をちらつかせて、何かを要求する民族国家(群)。此方から先に、サクッと応射してやれば良いのです。ラプターは間違い無く日本に来ますが、北朝鮮や中共の台湾開放戦争には間に合わないかも知れません。10トン以上搭載可能と言う、F-15FXでも短期的には悪く無い選択肢に思えます。真面目に黙々と生きている、多数の一般市民や周辺国家が先ず優先されるべきでは無いですか?憲法改正反対を唱える輩は、「北」や立てこもり犯と同じです。多数側が甘やかし杉です。
凄く不安な神谷晃良
2007年05月19日 21:50
誰か何か言って!私で留まっているのは嫌です。
うっちゃん
2007年05月19日 22:06
殉職された林一歩警部のご冥福をお祈りする。
実際に銃を撃って人を殺傷させたものは射殺されて当然だという認識を広めなければならない。そのことが銃を使った犯罪を抑止することにもつながる。
駱駝
2007年05月19日 22:45
合掌。優秀な隊員を亡くしまことに残念なり。
5時間も放置・・・異常だな。
TVに叫んだよ。「なにやってんだ。助けんか。チンピラは撃ち殺せ」

命を張って闘う警察官がいなくなる。あほらしくて。志気の低下。この連鎖反応が怖い。

左巻きのジャーナリスト大谷氏でさえ 応射せよか。
人権なんか まともなヤツに与えるべきだ。
拳銃所持者は最低でも懲役20年だ。
現役保険営業マン
2007年05月19日 22:58
こんばんは。
…殉職した若き巡査部長は、将来を嘱望されていた人材だったとか。
本当に残念です。合掌。
…今回のことを教訓に、今後は銃を発砲する凶悪犯は射殺すべきでしょうね。
>人権なんか まともなヤツに与えるべきだ。
拳銃所持者は最低でも懲役20年だ。
>>駱駝氏のこのお考えに私も賛成です。仮釈放なしの懲役に処するべきですね。
特亜の死神
2007年05月20日 01:19
殉職された林一歩警部のご冥福をお祈りする。
人権は正常人のものであり、犯罪者のものではない。
五時間放置。これで警官不祥事が起きなかったら奇跡。県警幹部(特に本部長・刑事部長・警備部長・捜査一課長)は免職に値する。
銃所持者は懲役二十年以上(懲役禁固の上限を80年位に引き上げろ)。発砲は無期仮釈無。殺傷は即時射殺。ふざけた奴の告発は門前払い。
ku-
2007年05月20日 04:07
週間文春記事、米国NSCアジア部長は29歳の女史(前任者はビクター・チャ、日本のカウンターパートは佐々江アジア州局長)。
人材不足のアメリカとはいえ、日本・韓国の行政は実質的にこのレベルと見られているのでしょう。嘆かわしい事ですが、一連の安倍内閣官房の混迷振りを見ていると何となく理解できる気がします。

さてこの事件、事勿れ主義の官僚組織が、絵に描いた様に決断を下せない多勢に無勢集団である事を明白に示した事件でした。無駄死にさせられた隊員様に至っては真に悔やまれます。ちなみにあの交渉担当者は、同僚を殺されているのに何で「お願い口調」なのでしょうか(TV中継を意識していた?)。
一方、暴力団の締め上げと、銃を使う可能性が一段と高まっている特ア人のなし崩し的受け入れ拡大を、同時に行う安倍内閣は予見可能な治安悪化に責任を取れるのでしょうか?
もともと事勿れ主義の官僚組織がさらに無能力化する前に、国民から怒りを発揚すべきだと思います。
参院選で自公連立にNoを! 政界再編誘発し、真の保守政権の誕生を願います。
アネモネ
2007年05月20日 04:32
コメント有難うございます。
■家庭内の問題から始まった純粋な事件なので政治とは直接関係ないテーマなのですが、警察官の発砲事例はナゼか我が国では政治性を帯びているようです。本来は思想的な問題が入り込む余地はないのですが…
■19日の報道でも、SATの前面で救出にあたったのはSITだとされています。海外の通信社2社はMAATを撮影しているのですが、もしかするとタブーだったのか…大阪府警が噛んでいれば指揮系統に大きな問題、つまり最高責任者が誰だったかという問題が出てくると考えたのですが、現在まで事情は不明です。
■犯人を厳罰に処するとともに、捜査機関の上層部にも猛省を促したい。これでは余りにも現場の捜査員が可哀相です。
幽谷の名無し
2007年05月24日 06:57
以前、週間文春で読んだ事があるのですが、この被疑者、もしかしてK会の闇組織(闇の別働隊)の一員である可能性は否定出来ないと思います。是で何故、警察の機動隊特殊班を出しても被疑者を射殺しなかった訳が分かると思います。(もしも推測でしたら、御勘弁の程を)
10年後
2007年05月31日 23:46
問題なのは この犯人が一人の警官を殺した位では 多分死刑にはならない事だ。10数年したら 一般社会に出てくるという事が問題である。犯人の妻もむざむざ撃たれた子供達も 出所して来た犯人の老後は看ないだろう。その時元暴力団員のこの男は大人しくしているだろうか? 出所後の新たな犯罪が心配になる。こういう再犯の懼れのある犯罪者は容赦なく 撃ち殺せば良かったのに、と思う。近くに住む人たちは早めに引っ越すしかないのだ。 事件が起こった後でしか警察は動かない。

この記事へのトラックバック

  • 愛知県警林巡査部長(警部)の死は、アメリカのせいだ!!!!

    Excerpt: 愛知県警林巡査部長(警部)の死は、アメリカのせいだ!!! アメリカが「市民が銃を持つ」を許容しているから、今回の事件につながった。この悪しき「世界基準」はなぜあるのか? 世界の至るところに銃があれば、.. Weblog: 時事問題ショートコメント! racked: 2007-05-19 08:54
  • 警官の命と犯人の命

    Excerpt: 仕事はどうにかひと段落。まったく更新をしておりませんでしたが、また始めますね。 ここんとこ、基地外じみた事件ばかり頻発してると感じるのは、僕だけではあるまい。昨日の発砲立てこもり男を逮捕 事件発生か.. Weblog: 市川電蔵事務所(移転) racked: 2007-05-19 12:30
  • ★現行犯でも容疑者

    Excerpt: 被害者よりも加害者を守るテレビ・新聞の本末転倒 被害者を世間にさらけ出し・加害者の個人情報を守るテレビ・新聞 悪者が自分を守る為に作った法律 その悪者の味方=テレビ・新聞 その悪者とは 悪徳官僚+.. Weblog: 化学肥料・農薬・食品添加物=合成化学物質=環境ホルモンの汚染が全く無い自然の飲料水ミネラルウォ... racked: 2007-05-20 23:50
  • 平和な国のマスコミ報道

    Excerpt: 今日になり、マグナム弾に関する記事が出だしている。しかし、NHKのニュースでは『口径40以上』や、朝日は『マグナムの場合は同じ9ミリでも銃弾が長い』と、口径と薬莢の長さを混同しているとも思える。おかし.. Weblog: Troubled days racked: 2007-05-21 11:48
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: SAT隊員殉職招いた無防備…籠城29時間のエピローグ 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Гэты артыкул была нап?сана дакладная Аднак, кал? вы хоч.. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:39