暴走シナ侵犯船が衝角攻撃…尖閣上陸計画を迎え撃て

警告を無視したシナ侵犯船が尖閣沖で反撃に転じた。衝角攻撃で海保の巡視船2隻が破損したが侵犯船は無傷。逮捕覚悟の異常行動が起きたのは、尖閣上陸を目指す華僑集会直前のタイミングだった。
画像

9月8日未明、海上保安庁は尖閣諸島近海を侵犯したシナ漁船の船長逮捕に踏み切った。今回のケースでは、海保巡視船への異常な攻撃が続けられたことが判明している。当然の措置だ。

事件が起きたのは9月7日午前、現場は尖閣諸島の久場島(くばじま)の北北西12㌔の海域だった。もちろん我が国の領海内である。
▼事件現場となった海域(NNN)
画像

第11管区海上保安本部の巡視船「よなくに」が、領海侵犯しているシナ船籍のトロール漁船を発見し、退去するよう警告を発した。しかし、シナ侵犯船は無視し、予想外の攻撃行動に出たのだ。

シナ侵犯船は「よなくに」の船尾附近に船体を衝突。これによって「よなくに」のデッキ左舷側の手すりの支柱2本が折れた。体当たり攻撃である。
▼11管所属の大型巡視船「よなくに」(海保提供)
画像

その後、逃走したシナ侵犯船は、午前10時56分、同じく11管本部所属の巡視船「みずき」にも攻撃を仕掛けた。海保によると「みずき」の右舷には高さ1㍍・幅3㍍の大きなへこみが生じたという。

追跡した巡視船2隻が破損したのだ。シナ侵犯船は体当たり攻撃後も逃走を図ったが「みずき」が強行接舷し、午後1時前、我が国のEEZ内である久場島の北西27㌔の海域で停船させた。
▼侵犯船への立入り調査9月7日(海保提供)
画像

シナ侵犯船の逃走距離は少なくとも約15㌔。最初の攻撃から停船まで3時間も要した。現場には事件の一報を受け、巡視船「はてるま」やヘリも急派されるなど大掛かりな追跡劇だった。

【停止した巡視船に体当たり攻撃を連続】

外務省の北野充アジア大洋州局審議官は7日夕、中共大使館の参事官に対し、遺憾の意を表明した。一方の中共側は丹羽大使を呼び付けて抗議。また中共外交部は逆ギレして、非難の言葉を浴びせている。

「中国の船舶や人員に危険を及ぼす行為をしてはならない」
▼中共外交部の定例会見9月7日(NNN)
画像

加害者が被害者面するのは定型パターンだが、攻撃を仕掛けてきたのはシナ侵犯船である。これは中共が勝手に主張する領海の問題とは関係ない。体当たりという危険な行為に出たのは明らかだ。

我が国のメディアが総じて使う「漁船が巡視船に接触」という表現も、事件の異常性・重大性を見え難くしている。海保情報では、停止中の「よなくに」にシナ侵犯船が船首から突っ込んで来たという。
▼大型巡視船「よなくに」H21年2月(八重山毎日)
画像

車の事故に置き換えれば、停車中の車両に走って来た車が激突。ぶつけた車の持ち主が、停止車両のドライバーに対して「危険だ」と激怒してクレーム…いつもながら中共の主張はクレイジーだ。

この激突によって「よなくに」「みずき」は船体が破損したのだが、海保がプレスに配った写真には奇妙な点があった。シナ侵犯船の船首部分は、画像を見る限り、破損していないのだ。
▼3時間の暴走後に停船したシナ侵犯船(海保提供)
画像

シナ侵犯船は全長33㍍、166㌧。対する「よなくに」は全長89㍍、1349㌧だ。侵犯船も漁船としては大型だが、双方の大きさは比較にならない。なぜ侵犯船は無傷に近い状態なのか…

飛行甲板も備えた「よなくに」は昨年2月に就航したばかりの最新鋭巡視船。現場に急行した「はてるま」と同型で、共に尖閣諸島附近の領海警備の要だ。それが漁船の攻撃で破損したのである。
▼「よなくに」入港式H21年2月(八重山毎日)
画像

「接触」などという報道表現は、双方の過失に含みを持たせるものだ。予めシナ侵犯船は巡視船への攻撃を想定していた。決して単なる漁船ではない。

【“漁船”の衝角攻撃で大型巡視船が破損】

古い時代の海戦では、軍艦は衝角(しょうかく)という強固な突起物を備え、敵艦の側面に艦首を激突させる戦術があった。衝角攻撃と呼ばれる。今回、侵犯船が使ったのが、そんな旧時代の突撃戦法だ。

巡視船「みずき」は、197㌧と小型だが、2回目の衝角攻撃(ラミング)を受け、船体をへこまされている。被害箇所は複数でデッキの手すりも6本が折れたという。強力な打撃力である。
▼手すり支柱が破損した「みずき」9月8日(NNN)
画像

海保は、意図的に衝突させたことから船長のシナ人を公務執行妨害容疑で逮捕。他のシナ人と共に侵犯船も石垣島に到着したが、漁船の船首部分の構造を詳しく調べる必要がある。

船長を聴取しても中共当局と関係は浮かび上がらないだろう。だが、尖閣近海に侵入した外国船が海保の巡視船に損害を与えたケースなど過去に例がない。人的被害はなかったが、洋上テロそのものだ。
▼破損した「みずき」右舷後部9月8日(産経新聞)
画像

「よなくに」は30mm機関砲、「みずき」は20mm機関砲を装備。しかしシナ侵犯船は、警告を無視しても海保側が威嚇射撃すらして来ないことを知っていたようである。

ちなみに「みずき」は平成13年の奄美沖工作船事件で船体射撃を行っている。あの衝撃的な映像は「みずき」の船上から撮影された。海保史上に名を刻む伝統ある巡視船が“漁船”に襲われたのだ…


東シナ海で操業する漁船が尖閣諸島沖に迷い込んだのではなく、侵犯船の不法行為には強固な意思が透けて見える。背後でシナリオを描いたのは中共に他ならない。

昨年3月に起きた米音響測定艦インペカブルへの妨害事件でも、前面に出てきたのはシナのトロール漁船だった。中共は海上侵略の初期段階では自国の“漁船”を利用する。今回も同じパターンだ。
▼インペカブルを妨害するトロール漁船(AP通信)
画像

そして背後に潜む中共の影を物語るのが、事件発生の“絶妙”なタイミングである。

【強行接舷から逮捕執行まで13時間…】

「一番問題なのは尖閣諸島。歴史上も尖閣諸島が中国の領土になったことは一度もない」

小沢一郎がNHKの『日曜討論』でそう語ったのが9月5日のことだった。対する菅直人も南西諸島への自衛隊配備に前向きな意向を示し、中共海軍の拡大傾向にも言及した。

「日米両国だけでなくベトナムなど多くの国が懸念を持っている。海軍の過大な増強は注意深くみて必要があれば懸念を中国に伝える」
▼記者団に答える菅直人9月7日(産経新聞)
画像

首相候補が領土問題を公言しただけでニュースになるのだから、相変わらず歪んでいる…だが視聴者向けの口約束はともかく、大切なのは緊急事態に際して毅然とした態度を取ることだ。

今回のシナ侵犯船事件では、発生直後に11管本部が対策本部を設置した。侵犯船が巡視船に体当たりしたことを重く見たのだ。しかし、政府の対応は遅かった。

「当該漁船がどういう状況であったかということを、 しっかり見極める必要がある」
▼観閲台で訓練を眺める前原国交相5月29日(海保)
画像

海保を所管する前原国交相は、抗議の意思すら示せなかった。事件については海上保安庁次長を中心に外務省・法務省の局長クラスが対応を協議。船長逮捕の方針が決まったのは午後9時過ぎだったという。

一報は午前10時過ぎの発生直後に政府に入った。そして海上保安官が侵犯船に乗り込んだのは午後0時56分。それ以降、政府の方針が定まらず、翌日午前2時の逮捕執行まで立ち往生が続いたのだ。
▼逮捕・護送されるシナ人船長9月8日(NNN)
画像

事件対応をめぐって菅政権が狼狽する様を中共側はしっかりと眺めていただろう。小沢・菅の発言から2日…中共側が日本側の出方を探る為に事件を引き起こしたとも考えられる。

また事件現場が尖閣の象徴である魚釣島ではなく、より東の久場島だったことも奇妙だ。政府は7月に来春までに25の離島国有化を決め、EEZ基点のひとつを久場島に置く方針を打ち出した。
▼魚釣島北東に位置する久場島(11管本部)
画像

尖閣諸島を含む国有化案はシナ国内でも話題になったという。今回の事件は、それに呼応したものにも見えるが、よりダイレクトに尖閣領有に関係する中共侵略イベントが間近に控えていた…

それが華僑集団による尖閣領有決議だ。

【中共の組織テコ入れで多国籍化】

2010年9月、反日華僑が米国で尖閣諸島の領有を宣言する大会を開く…その情報をキャッチした一部の識者・有志が警告を発している。今回の事件のタイミングは、その大会に符合するものだ。

この反日イベントの開催は9月7日説もあったが、呼びかけている組織は「918収復釣魚大領土昇旗大会」と銘打っている。つまり9月18日の開催で間違いないだろう。
▼尖閣沖で抗議する反日グループH20年6月(ロイター)
画像

米ロサンゼルスに各地のシナ系学者や専門家、また企業トップらが集結。新たな反日シナ人ネットワーク「全球保釣大連盟」を結成して尖閣諸島の領有を決議するという。

運動の旗ふり役は台湾国内の反日グループ「中華保釣協会」だが、背後で操っているのは中共。支配下の組織を使い、米国で尖閣侵略の狼煙をあげようと謀っているのだ。
▼北京大使館前の官製抗議9月8日(ロイター)
画像

これまで尖閣諸島への直接行動は香港や台湾国の団体がフロントを務めてきた。しかし香港の「保釣行動委員会」は関心低下で資金難。台湾国内の活動も当局が警戒を強めるなど共に組織拡大は頭打ち…

そこで中共当局は多国籍に組織改編し、新たな運動に乗り出した。今回の侵犯事件では船長逮捕に至ったが、ロスの大会を盛り上げるには余りにも好都合で、当初から拘束も仕組まれていた疑いが濃い。
▼石垣島に到着したシナ侵犯船9月8日(時事通信)
画像

国際常識に照らせば、“紛争海域”で相手国のコーストガードに船体衝突を繰り返し、あっさり見逃されることはあり得ない。洋上テロに対する海保の治安行動は妥当だが、罠に嵌まってしまったのだ。

「全球保釣大連盟」は、来年6月17日に漁船など100隻を集めて尖閣諸島上陸を目指す計画を着々と進めている。その最中、シナ人船長の逮捕は、反日グループにとって格好の「非難材料」となった。
▼北京大使館前で抗議するシナ人9月8日(AP通信)
画像

シナ漁船群による尖閣上陸の計画を頓挫させることは難しい。だが、我が国も拱手傍観せず、迎撃の準備を進める必要がある。

【来年6月は尖閣大演習で迎え撃て】

「この計画には、中国軍の謀略部隊が関与している可能性が非常に高い」

中共が来年の尖閣上陸計画を裏で支援していると説く宮崎正弘氏は、こうした見方も提示している。単に抗議の“民間船”が大量に押し寄せて来るだけではない。その目的は尖閣諸島上陸だ。

11管本部の巡視船を総動員して防衛線を築いても、侵犯船の一部が魚釣島に到達する恐れが高い。少なくとも海保が誇る特殊警備隊=SSTを配置、侵犯船にラペリング降下して未然に阻止すべきである。
▼公開されたSSTの訓練5月29日(毎日新聞)
画像

“抗議者”が非武装である根拠はなく、それこそ対テロ実践部隊の出陣機会だ。さらに海保のバックアップに甘んじている海自が最前線に出る必要もある。尖閣諸島の防衛態勢が問われるケースなのだ。

自衛隊は今年12月に西南諸島の有事を想定した大規模な合同訓練を実施。また与那国島を含む先島諸島への陸自配備も検討中だ。しかし、土地の選定などで配備実現は早くても5年後だという。
▼防衛空白地帯と呼ばれる尖閣・八重山諸島
画像

遅過ぎる対応だ。尖閣決戦は来年の6月に迫っている。領海警備にあたる海自艦艇の増強に加え、臨時措置として陸自部隊の緊急展開も欠かせない。その中核を担うのは我が国の“海兵隊”である。

陸自には島嶼防衛の要となるレンジャー部隊が平成14年に創設された。それが佐世保に駐屯する「WAiR」=西部方面普通科連隊。小規模ながら海兵隊に近い役割を持つ精鋭部隊だ。
▼WAiRと米海兵隊の合同訓練(ウィキ)
画像

憲法9条の手枷足枷によって防衛出動のハードルは高く、尖閣決戦で自衛隊が主力となることは難しい。だが、裏技もある。大規模な演習をセットするのだ。幸い、敵が上陸を目指す日付は判明している。

いよいよ尖閣諸島を舞台にした演習の解禁。中共=「 全球保釣大連盟」の動きを奇貨として、尖閣諸島を東シナ海防衛の根拠地に変える時だ。今や“近隣諸国に配慮”する必要など全くない。



  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

画像



関連エントリ:
平成20年6月18日『親中機雷に覆われた尖閣諸島…親日家の悲痛な退場劇』

参考記事:
■時事通信9月7日『中国漁船の船長逮捕へ=停船せず、公務執行妨害容疑-尖閣沖衝突事件・海保』
■共同通信9月7日『海保巡視船と中国船が接触 停船命令従わず、逃走』
■毎日新聞9月7日『中国漁船:海保巡視船2隻に接触、逃走-沖縄・尖閣諸島』
■産経新聞9月8日【中国人船長逮捕】中国漁船の“暴挙”にも海保は沈着、「国際的に適切」
■毎日新聞9月8日『中国漁船接触:偶発的事件で処理へ』

■共同通信5月1日『尖閣防衛へ世界連盟計画 華人結集、来年上陸目指す』
■イザ8月3日『「尖閣抗議船」を資金難で売却へ 香港の団体』

この記事へのコメント

読者
2010年09月09日 01:56
アネモネさん
いよいよやってきましたね。
中国の誰かが2.020年には日本なんてない。と言ったそうですが。その計画通りに戦略を練って、いつも機会を窺っているのではと思ってしまいます。
特亜3国のことを知ると、日本は余りにも警戒感がありませんね。この先どうなるか心配です
kl
2010年09月09日 02:13
歴史の事実を見ると、中国と言う国は日本に対し一切の譲歩はしないと思います。まして先の大戦で日本にはやられっぱなしです。日本から遼東半島を奪い、満州鉄道で種々の嫌がらせを積年行い、日本を戦争の泥沼に引きずり込み、最終的には情報戦でアメリカの力を借り日本を敗戦へと追いやった。今の日本は中国に情報戦、神経戦で勝利することは無理です。中国にとり条約や決まりは守るものではなく破るものです。夷を以て夷を制する。長年流牧民同士の苛烈な戦いを生き抜いて今日に至る中国人の巧緻な戦略に果たして青白い正義が通用するのか。上海万博も終わり、いよいよ中国との長い闘いの本の序奏にすぎない。

これからが本番である。
風来坊
2010年09月09日 07:38
この種のテロが頻発するのも、日本政府の足下が見透かされているからにほかならない。
事の次第から言えば、船長以下全員を現行犯逮捕、船は没収(解体したうえで構造解明)というのが世界の常識でしょう。アネモネさんがご指摘のように、「漁船が接触」という報道からは敵の意図が全く伝わりません。

それはそれとして、かかる悪行を防止する手立てがないことが一番の問題。
海保人員・自衛官・巡視船・自衛艦などを飛躍的に増強(質量ともに)して、未然に敵の戦意を喪失させることが必要。少なくとも、漁船を装った軍艦(?)などに力負けしないだけの巡視船であって欲しい。馬鹿なバラ撒きを止めれば金はすぐに出て来る。これらは憲法論議以前の問題でしょう。
巷間、来年6月のさらなる悪企みが伝えられていますが、攪乱作戦ではないか?…敵に知恵があれば「来年6月」と油断させておいて、それ以前に決行するかも。
いずれにしても、肝要なのは「備えあれば憂いなし」ということでしょう。
2010年09月09日 09:25
船の舳先は他の部分より特に頑丈に作られているから、
他の船の船縁に衝突したりしたら当てられた方が大きく破損するのは当たり前です。その種の攻撃のために特に強化した船首をもっているのでなければ、あくまでそれは「衝突攻撃」です。

確認もしないで「衝角攻撃」などと煽動的な言葉を使うのは恥です。
花うさぎ
2010年09月09日 11:38
アネモネさん、ご苦労様です。

保釣のメンバーが11日に台北で大会を開いたあと、魚釣島に上陸して「魚釣島は中国領だ!」と主権を叫ぶらしいです。

来年6月17日の予行演習といったところでしょうか、徹底して取り締まって欲しいものです。
例題
2010年09月09日 11:39
>林
>2010/09/09 09:25

懲りずに反日ゴッコごくろうさまです。君が日本語を使い、日本人のふりをしている方が、恥だと思う。故意に何度も体当たりしたのは事実ですので、古来からの戦術を表現方法として引用しても何らおかしい訳ではありません。戦術とは、装備に一定の規定がある訳ではありません。むしろ、共産主義者が世間から忘れ去られることに耐えられず、アカアレルギーの米へ訪米し「時代は変わった」と、無意味なPRした日本の赤い政治家が、米国の政治家と欧米のメディアにスルーされたことを、井の中の蛙、大海を知らず、と例えたり、その後、案の定、選挙で落選したりすることを、訪米は一種の「自爆テロ」だったのかーと、例えたりもするものですよ。
駱駝
2010年09月09日 12:15
撃て! 警告を無視するなら 撃て! 
諸外国にも通知してから 撃てばよろしい。
2010年09月09日 12:20
こんにちは。
>今や“近隣諸国に配慮”する必要など全くない。
>>同感です。わが国固有の領土を防衛するために戦力を配置するのですから、盗もうとしている破廉恥国家に配慮する必要など全くありません。
そもそも泥棒に配慮する、なんてコトを平気でほざく奴などわが国から永久追放すべきです。
六道輪廻
2010年09月09日 15:42
だから、日本国は直ちにIAEAを脱退し核を持つべきである!
このままだと中国人や朝鮮人になめられっぱなし。
核を持ってそれから友好の話し合いがやっと始まるのである!
2010年09月09日 21:21
コメント&情報、ありがとうございます。

花うさぎ様の速報で、香港などの“多国籍”反尖閣グループが11日に台北で大会を開催し、その後、上陸を目指す動きに出ることが判明しました。台湾当局による自粛要請は期待できないでしょう。

米国での大会日程は最終的に裏が取れませんでした。米カリフォルニア州アナハイムで開催される模様ですが、これに関連して各地で大会を開くとの情報も出ていましたので、台北の大会も一環と思われます。

令状が不要な公務執行妨害容疑での逮捕に12時間以上かかったのは、現政権内部の反対論が根強かったことを証明しています。通常、EEZ内での違法操業に対しては、漁業主権法違反が適用されますが、今回は中共に配慮して見送ったと考えられます。

読売新聞などによると、9月7日に領海侵犯したシナ“漁船”は30隻。既に無法海域になっていますが、民主党政権になってから急増した可能性も高いでしょう。更に、中共は「漁業監視船」の派遣も表明。6月にインドネシア海軍を恫喝したのも同様の退役軍艦でした。緊迫した局面になるかも知れません。
magunoria87
2010年09月10日 08:58
いつも拝読させて頂いております。有難う御座います。
最近「支那豚の楽園」と言うブログも拝見させて頂いております。霧が晴れる様な文章です。
09/09の情報は必見だと思います。
日本の皆様頑張りましょう。
きくりん
2010年09月10日 10:19
泥棒は逃げる時に「泥棒だ~」と言って逃げるそうです。今回の事件も、まさしく泥棒的、支那的やり方です。
 上海のバブルが崩壊しそうです。その目くらましのためにいよいよ局所戦を仕掛けに来るでしょう来るでしょう。しかも民間船に偽装したゲリラ部隊でしょうね。ことあれば「日本は民間の船を襲撃した」と主張するために。
他の国々は、支那がやくざで嘘つきなのを知っているので、日本の軍事的な対応を指示するでしょうが、民主党では決断できないでしょうね。
猛虎の友
2010年09月11日 02:12
黄文雄氏が中国の友好は「俺の言う事を聴け。」という意味だと指摘しておりました。
日中友好などあり得ません。
後南朝
2010年09月11日 12:18
「9条があれば日本は平和」などとほざいている奴腹よ、この中国が実力行使をお前達はなんと見る?。どの様な対抗策をとるか?。

「冷静に粘り強く対話」か?。
まさか「武力的な事を考えると、戦争に繋がる(爆笑)」で 何もしないつもりか?。

もういい加減「頭の中お花畑症候群」から目を覚ましたらどうだ?。

こちらが毅然とした態度を取らねば、奴等はどこまでもつけあがる。なぜなら他人を一切省みない、究極の自己中野郎達であるから。

やはり毅然とした態度を取るには、国を不当に縛る、憲法9条改正が絶対条件となろう。

結局いろいろな問題も、根っこにあるのが、自らの足で立つ事を制限する、この9条問題である。
複雑化する内外問題は、益々対処が難しくなっている。

1日も早い改正の具体的行動が起こる事を望みます。
Frank
2010年09月12日 20:44
ネットで読売新聞の記事を読んで驚きました。

巡視船と衝突再現、中国「証拠集めは無駄」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100912-OYT1T00530.htm?from=main1

シナの報道官が宣っているそうな。
「いかなる形式のいわゆる調査を行うことに断固反対する。証拠集めは無効で無駄であり、事態をエスカレートさせる行為の停止を要求する」

訳がわからない、というか滅茶苦茶ではないですか。

曰く
「中国漁船に非があるのは明白ながら、我々は、日本に非があるものとして抗議している。中国の尖閣諸島の占領する目的である。中国漁船に非があることを証明しても、我々の占領プログラムには変更は生じない。無駄な努力はしないように」
ってかw。
ナポレオン・ソロ
2010年09月13日 19:43
>Frankさん
 報道の自由が無いシナのマスコミって、明らかにシナ弁公室の手先でしょう。つまりは、政府の広報機関に過ぎない、シナ以外の国でいう処のマスコミとは同名異質の別物である事は明らかです。

 要は、何故今そんな真似をしたのか?と云う事でしょう、全体主義国シナは、モゥ直ぐ国慶節を迎えますがその後直ぐに、経済の分岐点と思しき、上海万博終了が迫って居ます、世界的に大不況の中ですから、万博への外国人の訪問は最低であった事でしょう、行ったのは日本人位のものでしょうか。

 それでも、北京オリンピックと同じく、国民の不満の目を逸らせる働きはした様ですね、内陸部にはオソラク餓死者さえ出ているのではなかろうかと思うのですが。

 シナのマスコミの便法は、全くワケが判りませんね、要は、「シナ政府がダメと云えばダメ」に準じて、「シナ政府が侵略だと云えば侵略」なのですから、マスコミの態を為しているとは言い難い。

 民主党の代表選の最中だからか、前原や仙石が妙に強気の発言をしていますが。肝心の二人がこの問題に触れる事はこの先も無いでしょう。

 何せ、二人は売国成分の高さでは甲乙着け難いのですからね、随って、どちらが勝っても、日本はシナの軍門に下る羽目に成る。

 此処までくれば、民主党支持者がこの国を滅ぼすと言って善い状況ですね。
Frank
2010年09月14日 20:08
>民主党支持者がこの国を滅ぼすと言って善い状況ですね。
ナポレオン・ソロ 2010/09/13 19:43

御無沙汰しております。
まったくもって仰せの通り、シナのマスコミは独裁国家なのでいたしかたないとしても、日本のマスコミはどうしようもありません。

今の、平和で豊かな生活が可能なのは日本の国境の内側だけである!
ということを、サヨク日本人もマスコミに巣くう在日も、政治家となったナリスマシも少しは考えるべきではないでしょうか。

民主党支持者も、日本に住む朝鮮人やシナ人も、この点をもっと冷静に考慮してもらいたい。

愛国心など端から期待していないが、自分の損得だけでも少しは考えろ!
と言いたい。
せーちゃん
2010年09月19日 09:20
いよいよ中国が「素の顔」を出してきたという事ですね。
日中国交が回復、成立した当初は「熱烈歓迎」の文字がそこかしこに踊っていたのを子ども心にも記憶があります。

中国政府が一方的に演出、煽って紛争の火種にまで仕立ててしまった尖閣諸島。
北方領土問題、竹島問題に続き第三の領土問題になってしまうのでしょうか? 
いつまでも中国の無理無体に「遺憾である」などと馬鹿の一つ覚えの政府談話で済ませている限り中国の興奮状態は続くでしょうね。
尖閣諸島は日本国の踏ん張り次第で堪えることができるエリアです。    いい加減に、中国との友好関係などという幻想を棄ててシビアな対応をしていくことが肝要な時期に来たと思います。
 東シナ海を「友愛の海」にしたいなどという戯言を繰り返してはいけませんよ。

この記事へのトラックバック

  • 11日(土)、尖閣に上陸して主権を宣言!

    Excerpt: 保釣行動会議が台北で大会を計画  魚釣島 は 中国 の 領土 、 韓国 の 竹島  を 見習え!日本人 を やっつけろ! 「月刊中国」主幹・鳴霞氏の情報によると、台湾・香港・マカオ・大陸など保釣行動会.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-09-09 09:33
  • <鈴木宗男収監>本来、親殺しは死刑が妥当

    Excerpt: 故・中川一郎代議士の秘書だった鈴木宗男。 国会議員の秘書にとって議員は「オヤジ」も同然、まして鈴木は中川さんの引き立てで“のし上がって”きたようなもの。 私事だが、亡くなった伯父貴は帯広で中川さんの後.. Weblog: 賭人の独り言 racked: 2010-09-09 12:45
  • 中国の「毒」は世界を滅ぼす

    Excerpt: 訪問すればするほど、知れば知るほど失望感に打ちひしがれ、政府の対日姿勢に対して、怒りが込み上げてくる国家、中国。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-09-10 00:13
  • チャンネル桜二千人委員会・友の会事務局からのお知らせ

    Excerpt: 「頑張れ日本!全国行動委員会」からのお知らせです。 ◆◇◆中国の尖閣諸島侵略阻止!外国人に首相参政権を与える民主党糾弾!「緊急国民行動」のお知らせ◆◇◆ 街頭宣伝活動の全国展開で、.. Weblog: 愛国学園 racked: 2010-09-10 06:28
  • 「政治好きは 小沢氏好き?」オイオイ!

    Excerpt: 代表戦、菅首相勝利で決まり?    安倍氏「酷 い 党首選だ 、 お互い言 って   いる 事 は 正しい 、 二人 とも 資格 が ない」   【民主党代表選】「ひどい党首選。2人も資格なし」 自民.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-09-10 09:25
  • 在特会からのお知らせ その28

    Excerpt: ◆今後の予定(詳細は公式サイトをご覧ください)━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─2010年9月11日(土)http://www.zaitokukai.info/modules/p.. Weblog: 反日ハンター racked: 2010-09-10 18:31
  • 民主党代表選対応文例1/2:菅直人陣営への“激励文”=「民主党議員を応援して,民主党を消滅させよう」*利用・改変可* ~明日は小沢陣営への激励文を公開予定~

    Excerpt: はじめに クリックをお願いいたします! ◆◇◆今般の主旨◆◇◆ ●今月始め頃、当ブログのコメント欄に、「民主党議員を応援して,民主... Weblog: 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】 racked: 2010-09-11 00:36
  • 拡散依頼 中国民間保釣連合会は支那中共の工作機関か?

    Excerpt: 2007 年に「琉球復國運動基本綱領」を公表!   琉球人民 は 日本 の 統治 を 承認せず   主権 ・ 独立 と 琉球共和国 を 創立!  去る 9 月 8 日、北京の日本大使館に「中国漁船船長.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-09-11 07:48
  • ムードと消去法で戦われる民主党代表選

    Excerpt: [首をひねる菅さん、小沢さんの政策] 小沢さんが代表選に立候補したときマスコミは挙ってこの際に政策論議を戦わせる絶好の機会だと報道しました。 確かに正論です。 それに対して私は民主党のためだ.. Weblog: 普通のおっさんの溜め息 racked: 2010-09-11 17:42
  • 民主党代表選会場で保守二団体が抗議街宣!

    Excerpt: 在特会と頑張れ日本!全国行動委員会   丹羽大使 を 呼 び 出 しての 抗議四回!   代表選 で 話題 にも ならない異常性? 民主党の代表選は来たる9月14日(火曜日)、ザ・プリンスパークタワー.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2010-09-12 10:18
  • ついに中国の日本侵略が始まるのか

    Excerpt: 日本の領土である尖閣諸島が中国船(工作船の可能性あり)による領海侵犯を受けたあげくに体当たり攻撃をされた事件で、中国政府は加害者であるにもかかわらず、理不尽にも日本政府に対して猛抗議を行った。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-09-12 10:39
  • 【緊急告知】9月16日 京都地方裁判所に集まってください

    Excerpt: わしが反日ハンター・神功正毅(じんぐう まさたけ)ぢゃ。「勧進橋児童公園の不法設置物受け取り拒否&有志誣告」事件の民事裁判の第一回公判が始まるそうぢゃ。TEAM関西HP/【緊急告知】9月16日 京都地.. Weblog: 反日ハンター racked: 2010-09-12 11:40
  • 沖縄・尖閣諸島支那漁船巡視船接触事件に付いて(4)

    Excerpt: まあ、漁船船長を釈放帰国させてしまった今となっては全てが後の祭りではあるが、支那(中国)の攻勢に対抗する策は正直幾らでもあった。 例えば、日本が早い段階で海保巡視船が撮影した漁船と巡視船の追跡劇と衝.. Weblog: 日臺一宇 -Japan and Taiwan: One united community- racked: 2010-09-26 17:04
  • 沖縄・尖閣諸島支那漁船巡視船接触事件に付いて(3)

    Excerpt: 嗚呼、已(や)んぬる哉(かな)・・・ 日本固有の領土である沖縄県石垣市尖閣諸島近海の日本領海に侵入し、違法操業していた挙げ句、我が日本海上保安庁の巡視船2隻に対し体当たりした支那漁船の船長を、今日、那.. Weblog: 日臺一宇 -Japan and Taiwan: One united community- racked: 2010-09-26 17:04
  • 沖縄・尖閣諸島支那漁船巡視船接触事件に付いて(2)

    Excerpt: 「違法行為に対しては法に基づいて冷静に対応するということだ。粛々とやる以外、方法はない」 これは尖閣諸島周辺の日本領海で起きた海保巡視船と支那漁船の衝突事件で逮捕勾留中の支那人漁船船長の取り扱いに対.. Weblog: 日臺一宇 -Japan and Taiwan: One united community- racked: 2010-09-26 17:05
  • 沖縄・尖閣諸島支那漁船巡視船接触事件に付いて(1)

    Excerpt: 先ずは、以下の報道をお読み頂くとしよう。 尖閣近海、海保巡視船と中国漁船が接触  海上保安庁に入った連絡によると、7日午前10時15分頃、東シナ海の尖閣諸島の一つ、久場(くば)島の北北西約12キロの.. Weblog: 日臺一宇 -Japan and Taiwan: One united community- racked: 2010-09-26 17:05
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 暴走シナ侵犯船が衝角攻撃…尖閣上陸計画を迎え撃て 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,??? ?? ???? ??????? ??? ???? ??????? ??? ????? ????? ??? .. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 22:56