原発事故報道の“安全地帯”…熔融する既存メディア

発表された数値を垂れ流し、現場の映像&写真は全て貰い物だった。既存メディアは原発報道で無力さを露呈。なぜ独自の動きが出来ないのか…その答えが「取材マニュアル」に記されていた。
画像

3月16日付朝日新聞の1面を飾った写真は、原発報道を考える上で衝撃的だった。前日、福島第1原発の4号機建屋が爆発で大きく破損、2号機の圧力抑制室の損傷し、高濃度の放射性物質が外部に漏れた。

煙を上げる福島第1原発の遠景。朝日新聞がトップに掲載した写真は「ロイター」とクレジットされた。朝日新聞社が撮影した素材ではなかったのだ。
▼白煙をあげる3号機3月16日(ロイター=東電)
画像

国内の事件・事故報道で海外通信社の写真を使用することは超レアケースで“特オチ”にも等しい。しかもロイターの写真は、東電のライブカメラ映像をキャプチャーしたものだった。二重の恥である。

3月12日以降、既存メディアは福島第1原発について集中的に報道しているが、その一方、独自素材は殆どない。爆発事故後、初めて公表された上空からの写真はデジタルグローブ社の衛星写真だった。
▼原発施設の衛星写真3月14日(デジタルグローブ)
画像

これまで複数の写真や動画がメディアで繰り返し使用されているが、東電や自衛隊、あるいは東京消防庁などが撮影したものだ。報道記者が接近して撮影した写真は見当たらない。



朝日新聞を例に取ると3月12日、爆発事故前の福島第1原発を上空から撮影した写真が最後。退避指示の10キロ圏拡大は12日朝だが、上空の飛行禁止発令は3月15日だ。

自粛したのか、政府から圧力を受けたのか…1号機建屋の爆発直後、報道ヘリが1機も急行しなかったのは不自然だった。午後4時過ぎならギリギリで日没前に帰社できる。
▼朝日新聞ヘリが撮影した福島第1原発3月12日
画像

原発事故報道でメディアへの不信が始まったのは、その時からだった。

【原発事故取材マニュアルのNG項目】

NHKやNNNなどは、固定カメラを使って福島第1原発の状況を伝えている。ユニ映像にも見えるが、微妙に角度が違う。NHKは、常に右肩に妙なクレジットを入れている。

「30キロ以上離れて撮影」
▼固定カメラによる撮影3月27日(NHK)
画像

原発施設に接近していないことを強調しているようだが、誰に向けたものか不明だ。これでは逆に30キロ圏以内が危険だと視聴者が考えかねない。そこには今も自主避難していない住人が残っている。

一般人の立ち入りが規制されているのは、20キロ圏内である。報道腕章を巻いていれば突破できるのだが、取材陣は正直に守っている。それは恐らく政府からの指示ではなく、内部的な規制だ。
▼原発30キロ地点の交通規制(AP通信)
画像

在京キー局の『原発事故取材マニュアル』が手元にある。JCO臨界事故の直前にまとめられた古いハンドブック。今も原則的な部分は変わらないが、そこには、こう書かれている。

「事故の一報とともに、付近の住民に退避勧告がでているかどうかを確認することが必要です。(略)現場に派遣された記者やカメラマンは絶対に規制区域内に入らないようにしてください」

このマニュアルに従えば、福島第1原発の20キロ圏内で取材を行うことは不可能だ。さらに3月25日の中途半端な自主避難要請で30キロ圏内も難しくなった。
▼マニュアルに社外秘・部外秘印はなし
画像

また取材クルーには、現場に放射線量の測定器を携行することも義務付けられている。数値が一定以上になった場合、取材はストップとなる。マニュアルには、こう書かれていた。

「取材中は1時間ごとに数字をチェックしてください。短時間(5時間以内)で2ミリシーベルトを計測したらデスクに連絡して取材を中止し、その場から離れて下さい」

27日公表のデータでは、北西20キロの地点で1時間単位87マイクロシーベルト。単純計算で5時間=0.45ミリシーベルト以下なのだが、取材陣は決して周辺エリアにも突入しない。
▼文科省によるモニタリング3月27日
画像

そこには戦争報道と同じ既存メディアの組織的な問題があるのだ。

【独立系ジャーナリストは圏内に突入】

「放射性物質が大気中に漏れ出している危険性もあり、現場への取材班派遣は慎重に行う必要性があります」

『原発事故取材マニュアル』の冒頭には、そう記されている。累積線量の前に、放射能漏れが確認された状態で取材を進めること自体、問題視されるのだ。
▼検査受ける南相馬市からの避難者27日(ロイター)
画像

平成9年3月に起きた旧動燃のアスファルト固化施設火災・事故は、後の調査で微量の放射性物質の放出が確認された。マニュアルではその実例を挙げ、注意を呼び掛けている。

今回の福島第1原発のケースでは、当初から放射性物質の漏洩が判明。取材中に、より大きな事故に発展する可能性も捨て切れない。被害のあり得るエリアへの取材陣派遣は、会社組織として難しいのだ。
▼スピーディによる周辺の累積値(日経新聞)
画像

最近の戦争報道と似ている。イラク戦争では米軍に従軍した一部記者を除き、前線に入らなかった。特に上場企業である民放大手などは不可能に近い。死傷した場合、命令者の責任問題が浮上する。

新聞社のケースは幾分柔軟な対応が出来るが、それでも今や記者はエリート社員。明らかな危険エリアには派遣しない。命の危険を冒すからこそ尊敬もされたジャーナリスト。それは昔の話しだ。
▼東北方面隊が撮影した4号機3月16日
画像

大手メディアの記者に代わってアフガン戦争などで活躍したのが、独立系のビデオジャーナリストだった。その構図は今の原発事故報道でも同じである。

昨年末に芸能欄で有名人なったAPF通信社の山路代表は25日、南相馬市の20キロ圏内に入り、カメラを回している。簡単に規制線を突破、退避指示に従わない高齢者にインタビューを行っている。
▼20キロ圏内の立て看板(APF通信社)
画像

参考動画:【APF News】 3/25 《地震》 20キロ圏内(避難指示区域)・南相馬市小高区の現状

幹線道路の20キロ地点に厳重な検問はなかった。他にも知名度のあるビデオジャーナリストが圏内に入っている模様だが、彼らの貴重な映像や情報が連日のニュースでピックアップされた形跡はない。

戦場リポートでは丸投げ態勢だったが、今回は事情が違うようだ。バグダッド近郊ならともかく、都内から日帰りできるエリアの映像丸受けは余りにも体裁が悪いだろう。

結局、福島第1原発周辺エリアは既存メディアで報道空白地帯となっている。

【フクシマ50を直撃する海外メディア】

連日の放水作業と中央制御室の電源復旧。光明が見え始めた矢先に発生した関電工社員ら3人の被曝は、作業現場の過酷な実態を浮き彫りにした。危険な作業現場の状況はどうなっているのか…

作業員に箝口令が敷かれているわけではない。英テレグラフ紙は、現場を離れて一時的に休息する作業員にインタビューし、27日付の記事で実名と顔写真を公表した。
▼計測される復旧担当の作業員3月27日(テレグラフ)
画像

「作業チームはとても神経質になっています。世界から注目され、自分たちの肩に重圧を感じていますが、 私達は続けなければなりません」

グループのリーダーと表現された鈴木さんの証言だ。福島第1原発で復旧作業にあたる作業員は、定期的に現場を離れ、一部は福島県南部の小名浜港に停泊する「海王丸」で休息している。

「海王丸」とは“海の貴婦人”の異名を持つ美しい帆船だ。援助物資を積んで20日に東京港を出た後、原発から約60キロ離れた小名浜港に停泊し、作業員を迎え入れていた。
▼福島向け出港する「海王丸」3月20日(FNN)
画像

朝日新聞も26日付記事で「海王丸」に乗船した作業員にコンタクトしているが、真っ先に駆け付けたのはブルームバーグだった。23日付の記事で作業員の言葉を紹介している。

参照:ブルームバーグ3月23日『原発作業員、震災後初の温かい食事-小名浜港停泊の「海王丸」で』

復旧にあたる作業員の持ち場は細分化されているが、現場の状況はある程度つかめる。丹念に取材すれば、新たな事実も発掘できるはずだが、国内メディアはそれも怠っている。
▼海王丸に乗り込む原発作業員3月25日(AP通信)
画像

福島第1原発の周辺にエリアに突入しないばかりか、60キロ離れた安全地帯での取材もしないのだ。連日、既存メディアが垂れ流すのは、東電や保安院が発表する数値ばかり…余りにも安易な報道姿勢だ。

【世界的な大事故を眺めるだけの当事国】

「大変お騒がせして申し訳ない。なぜ間違ったのかよく調査したい」

東電の武藤副社長は28日未明にも緊急会見して謝罪した。放射性物質の濃度で大幅な間違いがあったというのだが、保安院の指摘で下方修正した経緯にも怪しさが漂う。一方、メディアは数字を追うだけだ。
▼会見する東電・武藤副社長ら28日未明(時事通信)
画像

東電サイドの回りくどい説明も、保安院の間延びした会見も批判を浴びている。既存メディアも社説などで苦言をていしているが、非難できる立場ではない。

まず会見にあたって独自の取材をしていないのだ。取材の過程で発見した事実を質問でぶつけることも出来ない。その為、公表される数値をそのまま記事にして伝えているだけの状態である。
▼原子力安全・保安院の会見3月25日(AP通信)
画像

原発問題が長引く中で補正されてきたが、当初、原子力の知識を持った記者がいなかった。保安院などの会見は、経産省クラブマターだ。通商問題に詳しい記者がいても、科学分野に強い記者は少ない。

新聞社には科学部の記者が少数いるが、テレビ局報道部の経産省担当に大学で原子力を専攻した記者など皆無だ。専門知識の欠如は、ゾロゾロ登場した原子力の専門家の選定にも大きな影響を与える。
▼1・2号機中央制御室の作業員23日(保安院)
画像

専門家の発言が適正なのか否か、判断する材料がないのだ。危うい状況である。中東問題なども似たケースで専門家の言うがままだが、原発問題は国民の生活を直撃する。判断不能では済まされない。

基本的にTVメディアは「不安を煽った」と批判されることを恐れる。1,000万人単位で視聴している場合も多く、ちょっとした失言で瞬時にパニックが起きてしまう可能性があるからだ。
▼制御室裏側の点検作業3月25日(保安院)
画像

今回も、国民の不安を和らげる方向で一貫しているが、どう転ぶか先行きは不透明。不安を解消したいのであれば独自に放射線量を測るなど取材方法はあったが、それもしていない。

前述のマニュアルにあったように報道機関は小型の計測器を準備している。数値の正確性には疑問も残るが、断わりを添えて調査・公表することも可能。また水質の独自検査も短期間で出来る。
▼内部が窺える4号機3月27日(東北方面隊)
画像

独自のチェックを怠って数値は当局任せ、事故現場の映像・写真は自衛隊や事業者から丸ごと引用…今回の事故は、IAEAがレベル6に引き上げれば、チェルノブイリに次ぐ深刻な事態だ。

世界第2位の大事故で、当事国の報道機関が最後まで安全地帯で「何もしなかった」のであれば、威信も信用も同時に失い、メディア凋落に拍車をかけることになる。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1
政治ブログランキング

画像

参考記事:
■産経新聞3月27日『東電、連日の数字訂正 信頼性に疑問符』
■the Telgraph3月27日『Japan tsunami: Fukushima Fifty, the first interview』
■時事通信3月19日『東電社員の休憩用に船=福島・小名浜に派遣-国交省』
■朝日新聞3月26日『原発復旧現場、昼夜なし「自分のプラント守りたい」』
■J-CAST3月18日『自主避難なのか規制なのか―原発取材カメラも30キロ圏外で大ボケ映像』

この記事へのコメント

憂国子
2011年03月28日 15:22
お疲れ様です。本当に溜め息しか出ません。
ご存知でしたら、失礼致します。記事を裏付ける如き
様な「福島県南相馬市長からのメッセージ」(動画)も
英語字幕で「救援要請です」
http://www.youtube.com/watch?v=70ZHQ--cK40

You Tubeも同じ題名で検索できますが、海外メディアの動画だと思われます。 1度、観て戴きますように。
涙が止まりません。
花うさぎ
2011年03月28日 17:16
凄い!

感じていたことをものの見事に言ってくれました。本当に情けないですね、日本のマスコミは。
マタンゴ
2011年03月28日 17:39
■朝日新聞などの左傾メディアは、
民主党政権を誕生させ狂信的に民主党政権を擁護してきました。
 その、民主党政権は、自民党政権よりもいっそうの原発推進をしてきたことを忘れてはいけません。
 すなわち、CO2の25%削減の鳩山演説の主力は原子力推進であり、高速増殖炉もんじゅ再開決定などです、これを左傾メディアは絶賛してきました。

■反原発派は、マスゴミには存在しません。
昔から予定調和的な原発批判記事だけです。
記者会見での記者の幼稚な質問には呆れるばかりです。

■マスゴミでは、
地震で、正常に止まったと喧伝されていますが、
電源喪失事故だけでなく、冷却剤喪失事故を併発していた疑いも出てきました。
当分は、収束できずに危機が続くことは間違いありません。
ヒカル
2011年03月28日 18:19
目に見えることは人間の力で改善できるが、目に見えないことを解決しなければ、真の復興にはならない。そして、同じ惨劇を繰返さなければならなくなる。
私たちが、今、しなければいけないことは、『救世主スバル元首様』に、救いを求めることだ。
  もう、時間がない!!
http://www.kyuseishu.com/tanuma-tu-koku.html
2011年03月28日 23:06
こんばんは。
福島第一原子力発電所で、懸命のダメージコントロールに努めている関係者の皆様には頭が下がります。

さて、原子炉の建屋が吹き飛んだ際に、すぐにマスコミがヘリを飛ばさなかったことについてですが、個人的には、放射線が出ていれば、何の遮蔽物もない空中ではもろに放射線に被曝してしまうので、それを恐れたからではないかと思っています。

ケースが全く異なりますが、チェルノブイリの事故では炎上を続ける原子炉に上空からホウ酸、砂などを空中から投下した軍のヘリパイロットが全員、高レベルの中性子線やガンマ線を浴びてしまい、事故後に死亡してしまっています。
Frank
2011年03月29日 02:22
アネモネ様

今回のエントリ有難うございます。

かつての神谷様からは叱られましたが、報道の王道のような記事を拝見できたことはこの上ない喜びです。

まさに、

レガシーメディアの正体見たり!

私の目の届く範囲では、もっと前からあったkも知れませんが、、、
ここ2~3日、何百倍、何万倍というだけの報道から、その値が度のほうな意味があるのか、
という解説が、

若干ですが増えてきたようです。

反日=反国益 すなわち 民主党?

入場時をもつ若いお母様が、ミネラルウォーターを買うことに関しては全く共感しております。
(行為としては間違いだと考えますが、、、)
Frank
2011年03月29日 02:26
編集できないのがつらい、

入場時→乳幼児

です。
風来坊
2011年03月29日 05:31
そうですか、「原発事故マニュアル」というものがねぇ~。
つまり、お互いに出し抜かないことをとり決めた「談合」ですな。彼らに大相撲八百長を云々する資格などありはしない。
そのくせ彼らは“安全な災害現場“には競って足を踏み入れる。そして避難所で「今、何が必要ですか」などと、想像力さえあれば分かりきった愚問を発している。テレビに映る取材者はたった一人だが、あの裏には間違いなく5人や10人のスタッフが居る。現場を邪魔立てする点では菅直人の視察をも上回るかも。
愚問と言えば、菅も首長に電話をかけまくって、「いま一番必要なものは何ですか」と聞いているらしい。花岡信昭氏は、「“カンホン”は首相の仕事には非ず」と一刀両断しています。
/
2011年03月30日 03:10
東京電力は、福島第一原発三号機で、炉心隔壁のひび割れの事実を伏せたまま、97年にむりに交換し、二千人近い作業員にかなりの被曝をさせ、その後もこの事実を隠蔽し続けていたことが、ようやく発覚した。

東電のカネに汚染した東大に騙されるな

 なんと5億円! 寄付講座だけでも、これほどの大金が、東京電力から東京大学大学院の工学研究科にジャブジャブと流し込まれている。これは、東大の全86寄付講座の中でも、単独企業としてあまりに突出した金額だ。(詳細データ http://www.u-tokyo.ac.jp/res01/pdf/20110301kifu.pdf 本記事のコメントも参照せよ)

 東大だけではない。東工大や慶応義塾大学など、全国のあちこちの大学の大学院に、東京電力は現ナマをばらまいている。これらの東京電力のカネの黒い本性は、2002年の長崎大学大学院で暴露された。そもそも東京電力が、自分の管区とはほど遠い長崎大学に手を伸ばしたことからも、手口の異様さがわかるだろう。

 長崎大学医学部は、戦前の官立六医大の一つという伝統を誇り、その大学院医学研究科を2002年4月から医歯薬学総合研究科へと発展させることになった。ここに突然、東京電力が、9000万円で講座を寄付したい、と言い出した。テーマは、低線量放射線の人体影響。そのうえ、その趣意書からして、原発推進とも受け取れる表現が踊っていた。これに対し、当時の学長、池田高良(まさに被曝腫瘍が専門)は、趣意書の書き直しのみで、カネの受け入れを強行しようとした。

 このため、学内外から猛烈な反対論が沸き起こり
http://www.insightnow.jp/article/6430
2011年03月30日 03:12
一方、アレバ社は28日、本紙に対し、原発事故用にフランスで開発された作業用ロボットの提供を申し出たところ、東京電力が断ったと明らかにした。

 ロボットは1986年のチェルノブイリ原発事故後に同社や仏電力公社が開発にあたり、高性能カメラや作業用アームを搭載。放射線量が高い場所で、遠隔操作により作業ができる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000309-yom-int
Frank
2011年03月30日 20:39
昨日のフジテレビ系の4時間番組、今日、今まさにやっているテレビ朝日系の3時間番組、池上彰さんの解説なのですが、素晴らしい解説、というか情報番組だと思います。

まあ、政府も朝鮮マスゴミもさすがに今までのような報道で風評被害を広めるのはマズイと判断したか。

ヨーロッパで日本の食料品の卸をしている知人の話では、現地人の経営のすし屋さんが、有明産の海苔を、放射能が危険だから中国製の高級海苔を探しているそうです。(放射能なんか関係なく、中国製のほうが危ないって(泣笑)!!!)

庭を作るときに、日本から輸入した石を使うのも避けているそうです。

これって、福島産のものをを買わない東京のひとと同じではないですか?

ミネラルウォーターを買い占める東京の人とどこが違うのですか?

我々は、水道水の放射線量を数字で見て、自分で判断するべきではないのでしょうか。
Frank
2011年03月31日 23:54
連続投稿、
大変失礼します。

先のコメントは大変ウチ向きでした。今や、日本製の車さえ、「例えばハンドルに放射能が付着しているから」とかいう理由で海外で売れない、という危機に、日本経済が直面しているわけです。

だから、経団連が動いて、その結果マスコミの報道姿勢が変わったのか?(これ推測です)

風評被害を煽るだけのマスコミが何故!!!
という疑問がずっと消化不良のまま残っていました。今のマスコミってまともな報道をしています。

昨日のテレ朝のニュースステーションでは、
そのトップが、
復活した銚子の漁業?魚は完全に安全?基準値以下?古舘が、ミナサン コノサカナヲタベテ チカラヲツケテ ヒサイシャヲ タスケマショウ?耳を疑いました。不自由そうな日本語でした。従来なら、「加藤さん、それでも放射能は存在するわけですよね?」ではないでしょうか。

ですよね。

基準値の何千倍という数値の放射能値が計測された原発近辺の海水に対して、それを継続的に飲まない限り安全です、ときたもんだ。
それはそれで正しいことなんだけど、誰が今までそれを「報道しない自由」を使って、風評被害を拡大させたか!?

やっぱり、以前ナポソロ様が言っていたように、経団連なのかなー、朝鮮人(まみれ)マスコミではなく、、、
Frank
2011年04月01日 00:04
今までは、
マスコミが煽って、我々日本人が放射能をペスト菌扱いしていました。

一部の外国(ヨーロッパ)のマスコミをチェックしてました。二つも三つも言葉がわからないもので(笑)。
日本のマスコミが報道した数時間後に同じ報道です。

どこで何がどれほど検出された、

というだけの報道ですがね。

外国人に、放射能をペスト菌扱いさせたのは日本のマスコミの責任です!!!!!

この記事へのトラックバック

  • 意見書文例:こんな非常時に閣議決定!誰もが違法状態に置かれる「『コンピューター監視法案』への反対意見書」 *利用、改変可*

    Excerpt: はじめに クリックをお願いいたします! ◆◇◆今般の主旨◆◇◆ ●先日、当ブログのコメント欄の常連さまから次のようなコメントや情報を頂きました。 (コメントならびに情報、有難うございます) *.. Weblog: 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】 racked: 2011-03-28 14:55
  • 日本は復活する!藤井聡教授の提言

    Excerpt: 参議院予算委員会での公述に注目集まる    迫力 ある 語 り 口調 で 民主党政策    を否定 、 事実上 の 退陣勧告か?  23日に参議院予算委員会で行われた京都大学教授・藤井聡氏の公述が、ネ.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-03-28 17:14
  • 福島原発事故・それでも原発は必要

    Excerpt:  最近ネット上では少数のようですが、今回の福島原発の事故を取り上げて原発廃止を訴える人が居ます。  私も17日に「福島原発のトラブルと東京電力の体質」から何度もこの問題を取り上げました。  然し基本.. Weblog: 普通のおっさんの溜め息 racked: 2011-03-28 22:50
  • 「子ども手当」をゴリ押しの鬼畜集団=民主党政権

    Excerpt: 詐欺犯罪政党・民主党がドサクサに紛れて「子ども手当」を通そうとしている。 時事通信 3 月 28 日 ( 月 )16 時 35 分配信↓ … … … … … … … … … … … … … … … ….. Weblog: 賭人がゆく (旧・「賭人の独り言」) racked: 2011-03-29 02:39
  • 第27回スクールウォーズ

    Excerpt: 平成23年 3月29日 火曜日  旧暦:二月二十五日 辛卯/辛卯/癸未 友引節季:春分(3月21日~4月4日) 昼夜等分、春めいてきましたね雑節:桜始開(さくらはじめてひらく)日の.. Weblog: 剣kenn諤々 racked: 2011-03-29 02:46
  • ジェンダーギャップとか言ってんじゃねえ。

    Excerpt: Tweet The real explanation for the gender pay gap Women have consistently been earning les.. Weblog: ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ racked: 2011-03-29 06:16
  • 大反響!パチンコ店に節電を求める署名活動

    Excerpt: 二時間に350名が署名(新宿駅南口) 陛下 は 自ら節電 を 実施されている パチンコ業界 も 積極的 に 協力せよ 参加者の一人が掲げていたシンプルなA4サイズのプラカード。 「パチンコの節電を求め.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-03-29 07:55
  • 【写真】 復旧を伝えるマスメディアの向こう側で 【陸上自衛隊】

    Excerpt: 画像はすべて Daylife.com にあるものをキャプチャしたものです。 Reuters Pictures のものが大半です。 "Members of Japan Ground Self-Def.. Weblog: oyoyo Memo Blog racked: 2011-03-29 20:58
  • 人災の源 菅内閣

    Excerpt: 東日本大震災から2週間以上が経過したが、被災地が広大な地域であることから、全ての被災者への支援物資の補充は十分ではないようだ。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-03-29 22:45
  • 【核汚染】鬼畜民主党政権に詰め腹を切らせよ

    Excerpt: ( 『切腹 日本人の責任の取り方』 著者:山本博文、光文社新書) 昨日 ( 29日 ) の読売新聞朝刊の中の一記事に衝撃を受けた。こんな恐ろしい内容の記事を30面(!)にあっさりと載せる読売の神経を疑.. Weblog: 賭人がゆく (旧・「賭人の独り言」) racked: 2011-03-30 05:55
  • 人数が足りない。でも「宣誓」しているから

    Excerpt: 週刊ポスト現地レポート<日本を信じよう> 事 に 臨んでは危険 を 顧みず 、 身 を もって責務 の 完遂 に 務め 、 もって 国民 の 負託 に 応 える こと を 誓います 先週号、今週号と週.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-03-30 09:39
  • 菅&内閣、作業服が似合いすぎるぜ!!

    Excerpt: 他国の首脳と渡り合っても威風堂々、貫禄とパワーを感じさせた小泉さんや麻生さん。こうした歴代の首相に比べれば、菅さんは何とも平凡で庶民的。政界トップに相応しいオーラが感じられません。 もともと風采がぱっ.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2011-03-30 11:19
  • 両陛下、ひざまずきお見舞い!

    Excerpt: もっと日の丸を掲げよう、日の丸がたりない! 天皇皇后両陛下のもとに 日本国民は 結集し再起を期せ! 産経新聞3月31日2面の記事部分スキャン画像(クリックでネット記事)   両陛下、都内の避難所をご訪.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」 racked: 2011-03-31 11:33
  • 自虐派エセ日本人が日独関係をぶち壊す!

    Excerpt: どこまで狂ってるんだ、極左民主党。日独交流150周年の国会決議案に「侵略」だとか「両国が、近隣諸国の人々に対して多大の損害や苦痛を与えた」なんて言葉が出てくるとは。もう怒ったぞ! 左翼連中がコトある毎.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2011-03-31 13:06
  • 我々は、原発とどう付き合うか? どうする21世紀の電力インフラ

    Excerpt: 福島第一原発が人類への「ダモクレスの剣」と化した。 我々は、今後、この非常にやっかいな「おもちゃ」をどう制御するか? 今こそ、我々の英知が試される。 皆様、こんばんは。 ロベルト・ジーコ..... Weblog: 政治の本質 racked: 2011-03-31 23:15
  • louis vuitton outlet

    Excerpt: 原発事故報道の“安全地帯”…熔融する既存メディア 東アジア黙示録  /ウェブリブログ,Ovaj ?lanak je napisan ta?no Me?utim, ako ?elite vidjeti .. Weblog: louis vuitton outlet racked: 2013-11-09 23:07