尖閣事件“内部告発”の霧中…仙谷が招いた侵略危機

最終的な指示は菅直人、検察に命じたのは仙谷だった…尖閣侵犯船事件で元参与が政治圧力を認めた。国民を欺き続けた官邸の亡国犯罪。その狂気の屈中外交は、今も尖閣侵略のリスクを高めている。
画像

9月25日午後6時前、尖閣諸島・久場島沖の我が国のEEZ内に中共の海洋調査船「北斗」が侵入。船尾からワイヤを海中に垂らしているのが確認された。

「北斗」の活動について中共側から事前通報がなされていたが、航行海域は異なっていた。同意なしの“不法調査”である。11管本部の巡視船は、繰り返し警告を発し、立ち去るよう命じた。

「事前通報海域外での調査は認められない」
▼久場島沖に侵入した「北斗」9月25日(11管)
画像

しかし、「北斗」は作業を強行。6本のワイヤなどを引き揚げて通報海域に向かったのは午後10時過ぎのことだった。実に、4時間以上も警告を無視し続けていたのだ。

我が国は外交ルートを通じて中共側に、同意なしの調査を認めないことを申し入れた。その回答が寄せられたのは翌26日夕方。今度は別の調査船が久場島沖のEEZ内に侵入し、ワイヤを海中に投げ入れた。
▼ワイヤ垂らす「科学3号」9月26日(11管)
画像

「正当な主権権利の行使だ」

中共側は27日、正当性を強調したが、問題は事前通報を破ったことだ。東シナ海での調査は、2ヵ月前までに海域と期間を相手国に伝える「相互通報」の枠組みが存在する。

中共が一方的に2国間合意を反故にしたのだ。もっとも、活動目的が調査ではなく、挑発であることは明らかだった。調査船「科学3号」と入れ替わるようにして2隻の武装監視船が尖閣沖に出現した。
▼警告を無視して航行する「科学3号」(11管)
画像

26日午後7時過ぎから「魚政32501」と「魚政202」が相次いで久場島周辺の接続水域に侵入。1時間以上に渡って威嚇行動を続けた。武装監視船と調査船が同日ダブルで襲来したケースは初めてだ。

9月26日は、あの暴力船長の故郷凱旋が大々的にシナ国内で報じられてから丸1年だった。尖閣海域の不穏な荒波は、少しも凪がないばかりか、激しさを増している。

【前任者の時の領海侵犯は無関係…】

「接続水域ではないのか」

早朝に部下から緊急連絡を受けた外務省幹部が、耳を疑って聞き直したと明かす。8月24日、中共の武装監視船2隻が久場島沖の領海内に侵入した。
▼領海侵犯した「漁政201」8月24日(11管)
画像

中共の公船が尖閣周辺の領海に侵入したのは、平成20年12月8日の「海監46」「海監51」以来だ。海保にとっては昨年の事件以降、最も深刻な侵犯事例である。

確信犯の侵入だった。久場島の北に現れた中共の武装船「漁政31001」と「漁政201」は、一直線に南下。領海を侵犯し、久場島から約19㌔の距離まで接近した。
▼中共武装船の侵入ルート(読売)
画像

しかも、並走する海保の巡視船を嘲笑うかのように、東に進路を取った後、再び領海に侵入。そして久場島・魚釣島沖の接続水域を航行し続けた。

当時、尖閣周辺にシナ漁船の影はなく、2隻の武装船は縦列で行動していた。明らかな軍事挑発。これらの武装船を既存メディアが「漁業監視船」と型通りに呼称することは問題を不透明にするだけだ。
▼「漁政31001」を追う海保巡視船(11管)
画像

この領海侵犯事件の直前には、中共空軍の戦闘機が東シナ海の日支中間線を突破し、尖閣方面に向けて南下。海自の電子偵察機EP3と画像収集機OP3を追尾するという緊急事態も発生していた。

政権末期の惰性モードに入っていた首相官邸が、強い抗議の姿勢を示すことはなかった。政治空白を狙って暴挙に出るのが中共のやり口だ。引き継いだ野田政権も他人事として放置を決め込んでいる
▼NYの日支外相会談9月22日(代表撮影)
画像

「領海侵犯の話は松本前大臣の時だし、私から持ち出すといかがかと」

9月22日に行われた日支会談で玄葉外相は、そう無責任に言い切った。重大な外交問題が閣僚の交代でリセットされることはない。昨年の侵犯船事件も野田政権に突きつけられた現在進行形のテーマだ。

【実名告発…菅と仙谷の政治圧力】

「最終的には菅首相が判断したわけだ。そうでなきゃ、釈放なんかできないでしょ、最終的に。あれだけの外交問題になっていたわけだから」

暴力シナ人船長・詹其雄の釈放は、菅直人の指示だった。9月26日付産経新聞は、衝撃的な内部告発をスクープした。実名で語ったのは、元内閣官房参与の松本健一氏だ。
▼独占取材に答えた松本健一元参与(産経)
画像

これまでにも政府高官が匿名で官邸からの政治圧力を匂わせる発言が複数あったが、今回初めて実名で明かされた。菅政権の閣僚による「地検の判断」という国会での説明は全て虚偽答弁だったのだ。

「菅氏は国連総会の最中に仙谷氏に電話をかけて、釈放するかしないかでやり合っていた。仙谷氏は官邸から一歩も出ずに夜中に首相と話し合っていた」

松本元参与の証言は細部にまで及んでいる。詹其雄の無条件釈放が発表された時、菅直人はNYに滞在していた。出発は昨年の9月22日。釈放強行が決定したのは、羽田を発った後だったという。
▼UN総会に向かう菅直人 昨9月22日(NNN)
画像

「電話のやりとりの中で2人の合意がなされた。それは船長が釈放される2、3日前だ」

那覇地検が釈放会見を開いたのは9月24日だ。菅の移動スケジュールと一致する。当時、主人不在の官邸を仕切っていたのが仙谷由人。松本元参与によると、検察に命令したのは菅直人ではなかった。
▼昨年9月22日の定例会見も大嘘(NNN)
画像

「少なくとも菅氏はしていないでしょう。仙谷氏の可能性が高い」

重要な部分だが、言葉を濁している。大御所の評論家でもある松本健一氏は、旧知の仙谷から招かれて参与になった。その為にボカシているのだが、官邸の指示で検察が動いたことは率直に答えている。

「それはそうですね」

断言に近い。状況証拠からも官邸サイドが地検上層部に圧力をかけたのは明白だったが、仙谷のブレーンが「官邸の指示」を暴露した意味は重大だ。決定的な“内部告発”である。
▼汚い手でベタベタ触る仙谷7月18日(産経)
画像

だが、インタビューには不透明・不可解な証言も含まれていた。

【ビデオに瑕疵?証言に潜む矛盾】

「那覇地検が大きなミスをしていたから。地検から首相官邸に証拠となるコピーのビデオテープが届いたが、重大な瑕疵があり、公判がたえられない、有罪にもならないと官邸側が判断した」

釈放の理由として松本元参与が挙げたのが「ビデオの瑕疵」だった。事件を撮影した海保の映像に“マズい部分”があったと解釈できる発言だ。その一方で「瑕疵」の具体的な説明は出来ないと言う。

「こちら側の立場は明確だった」
▼巡視船の破損を検める前原 昨9月16日(産経)
画像

事件直後に映像を見た前原は、昨9月10日の衆院国交委でそう答弁していた。一色正春さんが情報開示した映像に我が国が不利となるような要素は1ヵ所もない。

また今年8月になって、未公開シーンを含む新たな映像が公開された。接舷の瞬間も納められているが、海保の“不手際”など見当たらない。インタビューの「地検の大ミス」という表現も意味不明だ。
■未公開シーン含む侵犯船映像


「ビデオテープの証拠能力に問題はなかった。『政治の圧力があった』との批判を避けようと、証拠上問題があったと官邸側が弁解をしているように聞こえる」

検察幹部は、そう指摘する。仙谷由人を庇う目的で 松本元参与が「釈放の理由」を無理に提示した疑いが濃い。実際に同じインタビューの中で、閣内でも意見が割れていたとも語っていた。

「閣内では事件発生当初、菅氏や前原誠司国土交通相のように『証拠もあるわけで、国内法にのっとり断固として裁くべきだ』との考え方と、『釈放すべきだ』との立場に立つ仙谷氏の2つの意見があった」
▼末期には対立説もあった2人7月28日(産経)
画像

海保や地検側に決定的な“瑕疵”があれば、そもそも議論にすらならない。更に、この証言から「事件発生当初」の時点で、仙谷が釈放論者だったことが判る。初めから結論ありきだったのだ。

やはり、主犯は仙谷由人である。

【膨大な虚偽答弁…全員を喚問せよ】

侵犯船事件の政治圧力は、拘束した容疑者の不法釈放だけではない。官邸が隠蔽した映像の一般開示に激高した仙谷は、地検や警視庁など捜査機関を私兵として動かし、前例のない広域捜査網を築いた。

海保のビデオカメラが高度な国家機密に該当するというのが、菅内閣の主張だった。ところが仙谷自身は事件直後から本当の機密情報を漏らしまくっていたのだ。
▼撮影機材が「国家機密」との答弁も
画像

「事件の最中も、こういう電話が首相からあったとか、中国とのホットラインはあるかとか、なぜ中国側はああも強固なのかとか相談を受けていた」

松本元参与が就任したのは昨年10月15日。つまり事件当時は、完全な民間人だった。単なる仙谷由人のお友達だ。政府側の情報を渡さなければ、相談にもならない。
▼衆院内閣委に臨む仙谷 昨10月(産経)
画像

総理が在野の実質的なブレーンに政策面で相談することはあるが、この場合は個別の刑事事件だ。加えて仙谷は、映像を機密と言い張って情報開示に発狂した札付きの人物。やっていることが矛盾している。

「真実を明らかにする為に、菅前総理・仙谷元官房長官・松本元官房参与の証人喚問を求めます」
▼質問に立つ稲田朋美議員9月26日
画像

9月26日の衆院予算委で野田の民譚献金事件などを華麗に追及した稲田朋美議員は、産経のスクープを受けて早くも喚問を要求。翌日の予算委理事会で自民党は3人の喚問を正式に求めた。

民主党は抵抗するだろうが、松本証言で浮かび上がった虚偽答弁は何度も繰り返された。議会の質どころか正当性まで問われる。柳田元法相や大林前検事総長の喚問も不可欠だ。
▼首班指名を受けた野田と菅直人8月30日(AFP)
画像

仙谷を中心に関係閣僚らが揃って国民を欺き続けた罪は余りにも深い。そして、昨秋の狂気の屈中外交は、今も尖閣侵略のリスクを高めている。菅政権が閉幕しても、侵犯船事件は終わらない。

不当な政治圧力、外国人犯罪者の隠避、情報統制…事件をめぐる全ての対応に民主党政権の危険な売国ポリシーが現れているのだ。


  〆
最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考記事:
■産経新聞9月26日『中国人船長釈放「菅・仙谷氏が政治判断」 松本前参与が証言』
■産経新聞9月26日『「テープに瑕疵」 松本前内閣官房参与インタビュー要旨』
■産経新聞9月26日『「歴史的な虚偽」か 真相解明が必要』
■産経新聞9月26日『「記憶ない」船長釈放政治判断、検察は否定』
■読売新聞9月26日『中国漁船事件で菅前首相らの証人喚問要求…自民』

■産経新聞9月27日『尖閣周辺に2日連続で中国調査船 漁業監視船2隻も』
■時事通信9月27日『尖閣諸島沖に中国船3隻=海洋調査船と漁業監視船-海保』
■産経新聞9月26日『尖閣周辺に中国の海洋調査船 今年2回目、事前通報とは別の海域で調査』

■産経新聞9月7日『中国軍機、中間線越え 海自の情報収集妨害か』

この記事へのコメント

花うさぎ
2011年09月29日 16:24
アネモネさん GJ!!!
2011年09月30日 00:20
こんばんは。
あのときに前代未聞の馬鹿な釈放を行ったことが、シナを付け上がらせていることは明白ですね。

国益を著しく損ね、国防を弱体化させた内なる敵を容赦なく叩き潰すべきです。
たのきん
2011年10月02日 16:04
恐るべき内容なので拡散させて頂いております。

風林火山ブログ↓
中国 十年以内に日本を核攻撃
http://ochimusya.at.webry.info/201110/article_1.html

衝撃的な内容です。
【・・・「中国は後手に回つて討たれるよりは、主導的に討つて出る方がいい。核戦争は人口問題解決に最も有効だ。中国は全力で核戦争を行ふ準備を整へるべき」と決めつけ、「大切なのは、我が中国がこの競争において機先を制し、他国・他民族の人口をできるだけ減少させるやう努めるとともに、自国の人間が数多く生き延びるやうにする」と述べた。「愚かな計画出産政策を放棄して、できるだけ多くの子供を産み、計画的に周辺諸国に浸透させる。周辺諸国への密入国を人民に奨励する」と中国人の人口膨張を推進する。
  さらに、攻撃対象として日本などの国々を挙げてゐる。その方法として、「機が熟したら、果敢に猛烈な勢ひで、全面的な核攻撃を発動し、相手が反撃に出る前に、その人口の大部分を消滅させるよう努める」と言ひ、最後に、「中華民族が手に入れるのは世界全体である」・・・】

この記事へのトラックバック

  • 誰も助けない!韓国の経済破綻が確定した!

    Excerpt: 2010年のハリウッド映画 Wall Street: Money Never Sleeps は、1987年のヒット作 Wall Streetの続編だ。米投資銀行の内幕を描いてピリピリした緊張感に溢れた.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2011-09-29 11:14
  • 平成226を願う!

    Excerpt: 国 民 限 界 ! http://youtu.be/DjxKXILYE2o Weblog: 愛国の煙草 racked: 2011-09-29 12:59
  • 山岡賢次消費者担当相の適格性に疑義あり!

    Excerpt: 森まさこ議員、野田首相の任命責任を追及    マルチ から 献金 を 受 けて マルチ    商法 を 監督?あり得ない悪夢!    28日に行われた参議院予算委員会で、自民党の森まさこ議員が、原発事.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」2 racked: 2011-09-29 16:25
  • 安倍さんの首相としての再起を期待

    Excerpt: [数々の需要法案を通した安倍さん]  私は、28日のエントリーの「三菱重にサイバー攻撃・情報の安全保障」で情報機関の設置の必要性を書き、26日の「日本の安全保障・パレスチナの国連の加盟問題」で憲法.. Weblog: 普通のおっさんの溜め息 racked: 2011-09-29 16:36
  • 第十回9.29反中共デー東京大会、六本木でデモ行進

    Excerpt: 民族派団体が共闘、国交断絶を訴える!    主権侵害 、 内政干渉 、 領土侵犯    中共 の 敵対行為 は 繰り返された  「日中国交を断絶するぞ! 日中国交断絶を勝ち取るぞ!」「日中! 断交!」.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」2 racked: 2011-09-30 09:01
  • 強盛大国ならぬ強姦民国。恥を知れ、馬鹿野郎!

    Excerpt: 北朝鮮はああいう国なので、やたらと勇ましいコトを云う。軍事・政治・経済の社会主義強国を目指すとかで、金正日が目標として掲げたのが「強盛大国」。ま、云いたいことはわかるが、金自身に国家運営能力がないから.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2011-09-30 11:17
  • 日本人が知ってはならない真実

    Excerpt: 以前、当ブログの記事、「日本人が知ってはならない歴史 1」、「日本人が知ってはならない歴史 2」で紹介したが、若狹和朋氏による日本人が知らない歴史の真実が語られている動画を再度アップしたい。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-10-01 00:55
  • わが帝国の版図で衝撃のポスター!

    Excerpt: 国際地理オリンピックなんて初耳なので調べたら、2年に1度、各国を代表する高校生が集まって地理の試験で順位を競うんだとか。地理オタクみたいな若い子たちが世界中に沢山いるんだろう。へええ、面白い催しがある.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2011-10-01 08:40
  • 第60回 TPP反対論総まくり

    Excerpt:  TPP参加を求める財界のロビー活動が激化している。9月12日には経団連の米倉会長、同友会の長谷川代表幹事が首相官邸を訪れ、野田総理と会談しTPP交渉への早期参加を要請。30日には経団連が民.. Weblog: 剣kenn諤々 racked: 2011-10-01 09:31
  • 西村眞悟氏 「靖国が哭いている」

    Excerpt: 正論11月号が「野田佳彦首相に告ぐ」特集    現在 の 我が国の姿 は 、 独立自尊    の思考 を 放棄 した 果て の 「貝」だ!  正論11月号が本日発売されました。表紙と見出しページのデザ.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」2 racked: 2011-10-01 09:36
  • 中国 十年以内に日本を核攻撃

    Excerpt: 2005年、世界のマスコミが中共の人民解放軍トップの恐るべき発言を記事にした。 Weblog: 風林火山 racked: 2011-10-01 23:26
  • 条例でヤクザの人権を侵害していいいのか!?

    Excerpt: かって東京の下町では、彫り物を入れたお兄さんたちが 珍しくなかった。銭湯に行くと、背中に立派な観音様を彫ってるひともいれば、それこそ首から足首まで全身に刺青を入れているため、裸になっても服を着てるよう.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2011-10-02 10:34
  • フジ関連抗議デモ、10月は7回計画!

    Excerpt: 新たに福岡でも10月中旬に予定    サイレントマジョリティー が 決起!    事実上 は 日本軍 VS 反日軍 の 戦い  10月に入って、再びフジテレビ関連の抗議行動が活発化する。現在確定してい.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」2 racked: 2011-10-02 11:03
  • 不逞鮮人「日本の大地震をお祝います」と無視するマスコミ

    Excerpt: 今日( 9/28 )のスポニチ6面、サッカーACLの記事の端の方に、看過できないベタ記事が載っている。 … … … … … … … … … … … … … … … … … … 「大地震お祝い」横断幕に.. Weblog: 賭人がゆく racked: 2011-10-03 00:34
  • 日支事変を日中戦争と呼ぶ嘘つきたち!

    Excerpt: 日中戦争と云う言葉はなかった。うそ、あるじゃないかと若い世代には反論されそうだけど、本当になかった。今でも一定の年齢以上の日本人にはとても奇異な響きをもつ言葉だ。支那大陸への出兵と戦闘行為は、戦中を通.. Weblog: 愛国画報 from LA racked: 2011-10-03 09:28
  • 韓国の女子高生に伝えたい「和夫一家殺害事件」

    Excerpt: クリック2回お願いします   「日本の全ての韓流・K-POPファンへ!」に返信   世話 になった お母さん を 13人 がかり で   強姦 し 滅多刺 し 内蔵 を まき散らした 。   「 そよ.. Weblog: 花うさぎの「世界は腹黒い」2 racked: 2011-10-03 18:37
  • 中共の野望 第3次世界大戦

    Excerpt: なぜ中国は日本侵略を企てるのか? Weblog: 風林火山 racked: 2011-10-03 18:51