米大統領が振る“人権の旗”…偽リベラル派には絶滅フラグ

UN総会のトランプ演説に登場した横田めぐみさん。それは米大学生急死で高まる北の人権侵害批判を受けたものだった。一方で我が国のリベラル勢は完全沈黙、醜い馬脚を露わす。
画像

「核・ミサイルばかり話題となり拉致問題が置き去りになっていると感じる。何としても今年中の解決をお願いしたい」

田口八重子さんの兄で拉致被害者家族会の代表を務める飯塚繁雄さんは、そう切々と訴えた。小泉訪朝から15年の節目となる今秋の国民大集会は、朝鮮有事の可能性が日増しに高まる中、開催された。
▽国民大集会の飯塚代表ら9月17日(時事)
画像

今年は横田めぐみさん拉致から40年、また家族会の結成から20年の節目でもある。家族にとって途方もなく長い歳月。それは同時に、北朝鮮の暴挙を前に我が国が無為に過ごしてきた時間だ。

「日朝首脳会談に官房副長官として同席した者として、この15年間、5名の被害者とその御家族しか帰国が実現していないことは、痛恨の念に堪えません」

挨拶に立った安倍首相は悔しさを滲ませて、来し方を振り返った。拉致被害者奪還こそ政治家・安倍晋三の原点にして原動力。この日も、高齢となった家族会のメンバーを前に、力強く宣言した。
▽国民大集会で挨拶する安倍首相9月17日(産経)
画像

「被害者の方々と御家族の皆様が抱き合う日が訪れるまで私の使命は終わらない」

親北派のメディアは国民大集会を味気なく伝える一方、成果が見られないことを嘆く被害者家族の言葉を悪用し、安倍政権批判に繋げる。例年繰り返される手法で、それこそ成果には結び付かない。
▽気勢を上げる家族会メンバーら9月17日(産経)
画像

安易な妥協や弱腰姿勢に何の効果もなく、問題の先送りにしかならないことを拉致被害者家族はよく心得ている。必要なのは圧力と圧力。絶え間ないプレッシャーと国際的な包囲網の構築だ。

9月17日の国民大集会は、どこにも希望を見出せず、これまでにも増してメランコリックなトーンで幕を閉じた。だが、その2日後、拉致被害者家族を取り巻く空気は一変した。

【トランプUN演説の立役者たち】

「本当に驚いた」

緊急会見に応じた横田早紀江さんは9月20日、そう率直な感想を漏らした。早紀江さんを驚かせた「大きなニュース」は前日の深夜遅く、NYから飛び込んできた。

「愛らしい13歳の日本の少女が、自国の海岸から拉致され、北朝鮮スパイの為の語学家庭教師として奴隷になっていることが分かっている」
原文:we know it kidnapped a sweet 13-year-old Japanese girl from a beach in her own country to enslave her as a language tutor for North Korea's spies.
▽一般討論演説のトランプ大統領9月19日(AP)
画像

北朝鮮対応に注目が集まったトランプ大統領のUN総会一般討論演説。43分に及ぶ大演説の中盤、横田めぐみさん拉致に関する痛烈な非難の言葉が登場した。

「国際社会で大きな危機のうねりが起きる中、トランプ大統領が拉致問題にも思いを寄せ、発言して下さったことは大きな意味がある」
▽会見する横田早紀江さん9月20日(時事)
画像

早紀江さんは、そう続けた。静養中の滋さんもトランプ演説に驚きを隠せず、演説内容に聞き入っていたという。けれども、横田めぐみさんに触れたトランプ演説は決して唐突なものではなかった。

国民大集会を1週間後に控えた9月11日、家族会と救う会、そして超党派の拉致議連メンバーで構成された訪米団が成田空港を出発。拉致シンポジウム参加など米東部で精力的な活動を行なった。
▽取材に応じる横田拓也さんら9月11日(産経)
画像

「圧力を持って臨むことこそが解決に繋がると考えています」

めぐみさんの弟・横田拓也さんが講演で訴えたメッセージを米国人は、どう受け止めたのか。ホワイトハウスを訪問した訪米団に対し、NSCアジア上級部長のポッティンジャー氏は、こう答えていた。

「トランプ政権は拉致問題に高い関心を持っている。めぐみさんのことを大統領はよく知っており、この問題を調査するよう指示を受けた」
▽ワシントン入りした横田さんら9月13日(ANN)
画像

この発言がUN演説の6日前だった。家族会や救う会などの地道な活動が、トランプ大統領の演説として結実したのである。そして“影の功労者”が安倍首相であることも見逃せない。

「総理は電話会談の際に常に『日本には拉致問題がある』と言ってきた」

菅官房長官はトランプ演説の背景について、そう明かす。功を奏した繰り返しの問題提起。日本時間の21日未明に行われた安倍首相の一般討論演説でも、当然、拉致事件への言及があった。
▽UN総会で演説する安倍首相9月20日(共同)
画像

「横田めぐみという13歳の少女が北朝鮮に拉致されて本年11月15日、ついに40年を迎えます。めぐみさん始め、多くの日本人が未だに北朝鮮に拉致されたままです」

安倍首相は、めぐみさんの個人名を挙げて訴えた。両首脳の演説が拉致被害者の奪還にどう結び付くのか不透明だ。しかし、今回のUN総会で拉致問題は、一段上のステージに登った。
▽横田さん母娘(ご家族提供)
画像

そして、武力行使を示唆するトランプ大統領が、北の人権問題に切り込んだことは実に象徴的だ。

【米世論を変えた青年の悲劇】

トランプ政権は、いわゆるリベラルとは正反対のイメージで語られ、人権問題とは疎遠に見える。しかし、トランプ大統領は「13歳の少女」に言及する前、こう静かに切り出した。

「罪のない米大学生のオットー・ワームビアが帰国後間もなく亡くなった時、私達は皆、金正恩政権による命をも奪う虐待を目の当たりにした」
原文:We were all witness to the regime's deadly abuse when an innocent American college student, Otto Warmbier, was returned to America only to die a few days later.

米大学生オットー・ワームビア氏は出国許可を得て6月13日、帰国の途に着いた。1年半に及ぶ北朝鮮での不当拘束。漸く解放された時、ワームビア氏は昏睡状態だった。
▽故郷に移送されたワームビア氏6月13日(ロイター)
画像

北当局はボツリヌス菌感染が原因と主張したが、帰国後の診察では体内に痕跡はなく、脳に重度の損傷があることが判明しただけだった。そして、ワームビア氏は6月19日に息を引き取る。

「米国は北朝鮮の残忍な行為を非難する」

トランプ大統領は声明で強く非難した。ティラーソン国務長官は、北に責任を取らせると明言。上院議員からは「国家による殺人」と断定する声も上がった。
▽法廷で謝罪強制されるワームビア氏’16年2月(KCNA)
画像

ワームビア氏は、平壌のホテルで政治スローガンの記されたポスターを盗んだとして即時拘束。見せしめの裁判ショーで反省のセリフを言わされた挙げ句、国家転覆陰謀罪で労働教化15年の判決を受けた…

金正恩政権の異常性を十二分に物語る悲劇だった。ワームビア氏の死に多くの米国人は衝撃を受け、米メディアも核とミサイル以外にもある北朝鮮の狂気に再び目を向け始める。
▽ワームビア氏の葬儀6月22日(ABC)
画像

その頃、我が国ではモリカケ問題ザル報道が花盛りで、ワームビア氏の悲劇は一報こそ伝えられたものの、米国内の大きな変化まで紹介されることはなかった。変わった潮目を敢えて見過ごしたのだ。

急進的な米国のリベラル勢も、重大な人権問題がある限り、北朝鮮を正面から擁護できなくなった。それは我が国の状況とは大きく違う。絶望的な違いである。

【偽リベラル派と金正恩の心中】

9月11日に採択された対北制裁決議で当初注目された金正恩の資産凍結は、中露の抵抗で見送りになった。だが金正恩は既に米国の独自制裁で対象に含まれている。決めたのはオバマ前大統領だ。

「北朝鮮では金正恩政権の下、自国民が超法規的な処刑や強制労働、拷問など耐え難い残虐行為や苦難を強いられている」

昨年7月、オバマ政権は金正恩と朝鮮労働党幹部10人を指定し、米国内での資産凍結に踏み切った。初めてとなる金正恩個人の直接制裁。理由は「著しい人権侵害」だった。
▽声明を読み上げる3代目9月22日(KCNA)
画像

米国内限定の資産凍結に制裁効果はなく、ポーズに過ぎなかったが、オバマは政権末期の今年1月、正恩の実妹・金与正(キム・ヨジョン)らにも追加制裁を発動。理由は同じ、人権侵害の首謀者だ。
▽金与正と紹介された北幹部女性’15年(労働新聞)
画像

金正恩政権への絶縁状である。これでオバマ前大統領が、緊張が最高潮に達したタイミングで電撃訪朝し、ギリギリで衝突の危機を回避するというシナリオは消え失せた。

’94年のジミー・カーター、’09年のビル・クリントン。金日成も金正日も、元大統領を特使として歓迎することで窮地を脱したが、金正恩にその切り札はない。
▽訪朝したクリントンと2代目’09年8月(KCNA)
画像
米国にとってはオバマ前政権が人権問題で金正恩政権にNOを突き付けたことが重要だ。民主党も決して譲歩しない。サージカル・ストライクには議論の余地があっても、この一点で米議会は一枚岩である。

翻って我が国の場合はどうか? リベラルを自称するゴミ野党の面々が、北朝鮮の人権問題で強硬姿勢を示したことがあるか…2月に半島危機が再燃して以降、耳にした覚えがない。
▽北ICBM発射場に降り立つ有田芳生’12年(JNN)
画像

フシギな現象だ。90年代の第1次核クライシス当時、核開発への批判が高まる一方、我が国の一部リベラル派は、北朝鮮国内の人権抑圧に目を向け、独裁政権の恐怖政治を痛烈に非難した。

ところが昨今は、そんな無垢なリベラル派がメディアの表層に登場することもない。時系列を歪め、安倍・トランプ政権批判に終始するばかりで、北庶民に寄り添って人権侵害を追及する猛者はいない。
▽UN主催昼食会の日米両首脳9月19日(ロイター)
画像

我が国の自称リベラルが、反日ファシストの擬態でしかないことは改めて指摘するまでもないが、劣化し過ぎだ。リベラルにはリベラルなりの戦い方がある。

本来、拉致事件解決を呼び掛ける運動の旗振り役は人権派が相応しい。だが我が国ではチベット大虐殺告発で見られたように、深刻な人権侵害も環境問題も何から何まで、保守系・護国陣営の守備範囲にある。
▽闇市で食物探す北の浮浪児’98年(RENK)
画像

リベラル派って必要なのか、という問い掛けは愚問だ。国内的には無用、国際的にも無能。極東の安全保障では害悪にしかならない。冷戦構造の醜い生き残り、いわば東側地域の住人だ。

朝鮮有事の足音が接近する中、自称リベラル勢と金正恩が運命共同体であることは、多くの日本人の知るところとなるだろう。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

banner1

参考記事:
□産経新聞9月21日『安倍晋三首相の国連演説全文 北ミサイル「その運搬手段は早晩、大陸間弾道ミサイルになる」「必要なのは、対話ではない。圧力」「めぐみさんはじめ、多くの日本人が北朝鮮に拉致されたまま」』
□ABC9月20日『Abducted girl's mom finds hope in Trump's U.N. speech』
□CNN9月19日『READ: President Trump's speech to the UN General Assembly』
□ZAKZAK9月21日『“トランプ砲”炸裂、国連総会でロケットマン正恩氏糾弾 「めぐみさん発言」で非人道性を徹底批判』
□産経新聞9月20日『横田早紀江さん、トランプ氏の国連演説に「びっくりした。拉致問題解決へ風が向いたよう」 滋さんも内容に聞き入る』
□時事通信9月20日『北朝鮮の「自滅」警告=横田めぐみさんに言及-初の国連総会演説・米大統領』
□時事通信6月20日『昏睡で解放の米大学生死亡=北朝鮮で1年半拘束-「残忍な行為」と非難・トランプ氏』
□ニューズウィーク6月29日『北朝鮮の人権侵害はもう限界 今こそ対北政策の転換を』
□AFP’16年7月7日『北朝鮮の金正恩氏ら11人を人権侵害で制裁対象に、米国』

この記事へのコメント

町工場の親方
2017年09月23日 12:30
トランプ米大統領、安倍総理が戦ってきた敵、=トランプ大統領、安倍総理を憎悪してきた仲間達

今回のトランプ大統領のUN演説を聞き、感無量の思いがしました。

>安易な妥協や弱腰姿勢に何の効果もなく、問題の先送りにしかならないことを拉致被害者家族はよく心得ている。必要なのは圧力と圧力。絶え間ないプレッシャーと国際的な包囲網の構築だ。

>9月17日の国民大集会は、どこにも希望を見出せず、これまでにも増してメランコリックなトーンで幕を閉じた。だが、その2日後、拉致被害者家族を取り巻く空気は一変した。

>緊急会見に応じた横田早紀江さんは9月20日、そう率直な感想を漏らした。早紀江さんを驚かせた「大きなニュース」は前日の深夜遅く、NYから飛び込んできた。

>「愛らしい13歳の日本の少女が、自国の海岸から拉致され、北朝鮮スパイの為の語学家庭教師として奴隷になっていることが分かっている」

>▽一般討論演説のトランプ大統領9月19日(AP)

>北朝鮮対応に注目が集まったトランプ大統領のUN総会一般討論演説。43分に及ぶ大演説の中盤、横田めぐみさん拉致に関する痛烈な非難の言葉が登場した。

>「国際社会で大きな危機のうねりが起きる中、トランプ大統領が拉致問題にも思いを寄せ、発言して下さったことは大きな意味がある」
>▽会見する横田早紀江さん9月20日(時事)
>早紀江さんは、そう続けた。静養中の滋さんもトランプ演説に驚きを隠せず、演説内容に聞き入っていたという。けれども、横田めぐみさんに触れたトランプ演説は決して唐突なものではなかった。
町工場の親方
2017年09月23日 12:36
NYタイムス、CNNテレビに悪罵の限りを尽くされてきた、トランプ米大統領はおそらくご存じないと思いますが。

救う会、特定失踪者問題調査会の一会員として、過去に聞いた不愉快極まる発言。

「日本の右翼達は、『拉致問題』、を北朝鮮非難の手段として、利用している」----《NYタイムス》、がかって書いた文章。

もう十年以上前から、日本の腐れマスコミの内部では、「いわゆる、[救う会イデオロギー]、と言って拉致問題に熱心な国民をバカにするような言葉が使われてきました。
日本国民の、『拉致』、を問題とする以上、当然、「日本国家」、が拉致犯罪を犯した、「国家」、と相対することになります。
それが「北朝鮮」、が大好きで日本が大嫌いな、レーニン・コミンテルン教・カルト、憎日日本人にとっては不愉快でたまらなかったと思います。
小泉第一回訪朝以前の、北朝鮮の日本人拉致に対する、辻元清美や外務省チヤイナスクールの槇田邦彦の発言は到底許せるものではありません。
北朝鮮による、日本人拉致がはっきりした直後の、「朝日」=築地・チョーニチ、岩波、「世界」、の言い草。

〔チョーニチ、天声人語〕・・「・・・・拉致は朝鮮民主主義人民共和国の特殊機関による、国家機関の仕業であることを金日成は公式に認めた。
そうした特殊機関による、「犯罪」、は珍しいことではない。米国のCIAに対する数々の告発を始め、歴史上枚挙にいとまがないし、かってのわが国の特殊機関も例外でない。----平成14年9月18日、(小泉訪朝の翌日)

町・・米国CIAと、特に我が国の特殊機関のやった拉致に類する犯罪の幾つかを具体的に挙げて説明し、北朝鮮と比較しろ!
町工場の親方
2017年09月23日 12:39
〔チョーニチ社説〕・・「・・・・同朋の悲劇に対して、これほど豊かに同情を寄せることができるのに、虐げられる北朝鮮民衆への思いは乏しい。
ひるがえって、日本による、植民地時代の蛮行を問う声は、「拉致問題と相殺するな」、の一言で封じ込めようとする。----平成15年元旦社説

町・・同朋の悲劇、拉致被害者家族に対して、これほど冷たい態度をとり続けてきた、「朝日」、の非人間性は、本当に許せぬ思いです。
「築地」、の大の贔屓、社民党の、拉致被害者家族に対する態度は酷いものでした。国会答弁において、北朝鮮による拉致、と判明して以来、拉致被害者家族は縋る思いで、北朝鮮とパイプのある、社民党の土井、辻元、福島等の国会議員に、何回もメールを送りましたが、まったくのナシのつぶての無回答、家族に会おうともしませんでした。
それと外務省の冷たさにも怒りが湧きます。

〔阿南アジア大洋州局長〕・・「拉致疑惑には、亡命者の証言以外に証拠がないわけなんですから、慎重に考えないといけないんですね。韓国の裁判での証言があると言ったって、韓国に捕まった工作員だから、彼らは何をいうわけかわからないわけですよ。----平成9年10月、記者会見にて。

町・・昭和60年3月、梶山静六・国家公安委員長が、国会にて、昭和53年7月から8月にかけて、失踪した3組6人のアベックは、「北朝鮮による拉致の疑いは十分濃厚である。」、と答弁している。また平成4年、日朝交渉の場で、「李恩恵」、(田口八重子)、は北朝鮮のテロリスト、金賢姫の証言に基づき、拉致された者として交渉の場で問題にしている。馬鹿か!
町工場の親方
2017年09月23日 12:44
〔槇田アジア大洋州局長〕・・「たった10人のことで日朝国交正常化がとまってもいいのか。拉致にこだわり国交正常化がうまくいかないのは国益に反する。」

町・・いったいどこの国の国益のことだ。!私が槇田と辻元をどうしても許せないのは、内心を偽る、真っ赤な嘘をついているからです。幼稚園児ならいざ知らず、高校生以上の常識ある日本人なら、「10人のはずはない、実際は何倍、何十倍いるに違いない。」、と思っています。国会議員や外交官で、もしそう考えないようでしたら、まったくの馬鹿か、不適格者です。
警察でも70人とか言っているようですが、私は昔読んだ、大藪春彦の小説で、職安から行った北朝鮮系の建設会社で、身寄りの無い労務者が次々といなくなる、という筋書きが、かなり真実を突いているのではないかと考えます。横田さん、有本さんのような、しっかりしたご両親のいる、まともな家庭の子供を拉致するより、行方不明、いなくなっても、誰も気にとめない、関心を持たないような無人間を消して、日本人としてその人間になりすますのが、もっとも簡単であり、そのような工作員がかなり日本国内にいるのではないか、と考えます。
以上からはっきり言えることは、「築地」、社民党、外務省チャイナスクール、の連中は、拉致された日本国民を何としてでも取り戻す、という決意はまったくなく、何十年にわたり、国の冷たい仕打ちに耐えて努力を重ねてきた被害者家族に対する同情もまるでありません。
それと、理屈にもならないような、「等価式」、を持ち出して、北朝鮮を弁護し、特殊な国でも、犯罪国家でもないように見せかける詭弁を弄しています。
町工場の親方
2017年09月23日 12:47
〔岩波・世界の言い草〕
>8人の死亡が告げられて以来、日本のマスコミは拉致問題一色になった。

町・・当たり前だろう。今まで日本の国内で治外法権のような扱いを幾つも受け、日本に不当な内政干渉をし、日本が悪い、と言われ続ければ、いくらおとなしい日本人でも臨界点に達する。しかも人を拉致しておいて、一方的に死んだというが、死んだ人達の年齢、死亡場所、死亡原因、どれ一つとっても普通の常識のある日本人なら、絶対に納得できるようなものでない。「攫っておいて、殺しやがったな!」と日本中で思わない方がおかしい。
>異様ともいうべき事態を作り出している。

町・・何が異様な事態だ、お前等の発想を見ると、気違いは己が気違いなのが分からず、正常人が気違いに見える、ということを思い出す。

>日朝間の交渉を入り口まで導いた外交官が、あたかも北朝鮮の利益を図っているかのごとく罵倒され、--

町・・拉致家族のことなど全く無視して、国益に反する外務省内左翼・チャイナスクールのペースで話を進めようとしてきたくせに。過去の阿南、槙田の台詞もそうだが、外務省は拉致被害者の消息が判明する、午前10時に、情報を家族に知らせると約束していた。しかし、家族に知らせたのは約束の時間を6時間以上過ぎた午後4時だった。拉致問題に真剣に取り組む気などまるでなかつたと言うしかない。酷い事実を知らせず、当初の字句そのままになりふり構わず、共同宣言に署名させるためのペテンである。
町工場の親方
2017年09月23日 12:49
>これまで日朝の正常化のために力を砕いてきた、政治家、正当、組織、言論などが、あたかも「北朝鮮の手先」であるかのごとく攻撃されている。

町・・なにが「力を砕いてきた」だ。お前等の言う、政治家、野中広務、河野洋平、田中真紀子、加藤紘一、中山正暉代議士、土井たか子、辻元清美、吉田康彦、小田実、和田春樹、社民党、「朝日」、「世界」、がどれだけ、北朝鮮を賛美し、北朝鮮の側に立った言動をなし、拉致を否定し、日本人同朋、拉致被害者家族の悲しみを考えもせず、冷酷、非人間的な態度をとってきたことか!正にこの点においては共通し、首尾一貫していよう。

>本誌はこれら論者個々の指摘に対して、反論や弁解をする必要を認めない。---従来から変わらぬ日本人の朝鮮認識の歪みがーーー

町・・いいだろう、弁解の必要を認めず、今までどおり、ヘッドギアーをつけ、斜眼帯をかけて闇雲に突っ走れ!。
LOVE ON THE BEACH
2017年09月23日 17:45
【櫻井よしこ】「NHK現役記者が、プライベートで出会い系バー行き、前川事務次官を発見し官邸にチクっていた」→記者失格ね。
https://youtu.be/WY3rTL35m6g

この記事へのトラックバック