消えた銃弾と消える報道…公式会見なき“完黙の1ヵ月”

致命傷を与えた最重要の物証は何処かに消えた…新たな大失態について各社は報じてもベタ記事扱い。事件の核心を避ける異様な報道は、1ヵ月続く捜査当局の完全黙秘にも起因する。 「試しに体重を掛けてみたら、簡単にへし曲がってしまった」 元夕刊紙記者は、そう述懐した。札幌パークホテルに宿泊した際、バスルームのカーテンレールを握り、ぶら下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社稷の臣・安倍総理に捧ぐ非論理的弔辞

血の気を失い、言葉を失った。感情を説明するに相応しい形容詞はなく、荒んだ廃墟の世界に自分が再び放り出されたことを知った。万感の思いを込め、ここに哀悼の誠を捧げる。 例えばカンボジアのアンコール・ワット、例えばイランのペルセポリス。滅びた都市の遺跡を訪れた時、何とも表現し難い不思議な気分に捉われた経験があった。 私は無類の廃墟…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尖閣“特別軍事作戦”の伏兵…始動した中露連携情報戦

戦争とは違う特別軍事行動…ロシアの影響を受けた軍の新要綱を中共が策定する一方、プーチンは偽宣伝工作で習近平に学ぶ。中露が連携する情報戦は深化し、日台に危機が迫る。 7月4日早朝、ロシア海軍と中共海軍のフリゲート隻が魚釣島南西の接続海域に侵入した。尖閣を脅かす中露連携の異常な示威行動だが、我が国政府の反応は鈍く、疑問の余地が残るもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新興保守政党からの挑戦状…“争点創作”でメディア苦戦

売国野党に都合の良い争点をメディアが決める時代は終わった。情勢調査で新興保守政党の議席獲得濃厚と判明。“たった1議席”が戦後政治に風穴を開ける。 G7サミットで日本国総理の影が薄いことは珍しくない。安倍&トランプ時代が例外的で、殆どは駆け足の外遊だ。しかし、ウクライナ戦争が継続する中、今年の会合は重い意味を持つものとなった。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

佐渡金山で反日詐術を発掘…尹錫悦の“解決模索”芝居

親北組織のアジ文が公的史料にすり替わる…反日陣営は佐渡金山で墓穴を掘った。偽りの強制労働者が塞ぐ徴用工訴訟の出口。そして南鮮新政権の“解決模索”芝居は続く。 いわゆる歴史戦は、紛糾すると百家争鳴の議論が巻き起こる。一方で我が国が圧倒している場合、反日陣営は沈黙し、話題にすらならない。佐渡金山はその代表的な例だろう。 「一次史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more